バス運転手の生活

路線バスの運転手

バス運転手の生活は、大きく分けて「路線バス」と「貸切バス」のどちらの運転をするかによって異なります。

路線バスの場合、早番、遅番、夜番の3交代制で働くことが一般的で、その日の勤務スケジュールに基づき、1時間半〜2時間程度の運転と小休憩を繰り返します。

日によって出退勤時間や勤務時間帯が異なるため、食事をとる時間なども変わります。身体のリズムをそれに合わせていかなくてはなりません。

ただし、路線バスはダイヤに沿って運行すること、また始発と終発の時間が決まっていることから、深夜バスを除けば深夜に働くことは普通ありません。

乗務中はかなりの集中力と精神力が必要とされますが、運転手のなかでは規則的な生活は送りやすいほうだといえるでしょう。

貸切バスの運転手

観光ツアーなどを担当する貸切バスの運転手になると、旅程によって勤務時間が変わってきます。

日帰りで仕事をする場合もあれば、遠方へ出かけて泊まりとなることもあります。

日帰りといっても、お客さまを迎えるために朝早くに出て、渋滞に巻き込まれれば戻るのは深夜ということもあり、1日の勤務時間は長くなりがちです。

路線バスとは違い、ツアーごとに異なる場所へ運転することは特徴のひとつだといえるでしょう。

そのほか、高速バスの運転手となると、夜に出発して深夜の時間帯に走り続け、目的地に着くのは早朝ということが多いです。

遠距離になれば複数の運転手が交代しながら走りますが、路線バスの運転手とはだいぶ異なる生活を送ることになります。

体調管理が何よりも大切

バス運転手にとって最も大切なことは体調管理です。

運転手自身が健康でなくては安全運転は実現できません。忙しいなかでも、食事や睡眠、運動などに気を配って、健康維持に努めることが重要です。

また、毎回の乗務前には必ずアルコールチェックを行うため、お酒が飲める日も限られてきます。

プライベートでもバス運転手だという自覚を持ち、日々を過ごすことが求められます。