バス運転手の求人、採用募集状況

安定した求人状況が続いている

バス運転手は、安定した需要がある仕事です。

観光や出張、帰省、あるいは日々の生活にバスを利用している人も多く、若い方からお年寄りまで幅広い年代のお客さまにとって、バスは欠かせない移動手段となっています。

今後もバス運転手の求人は継続して見られるでしょう。

また、近年は運転手の高齢化による人材不足がバス業界のひとつの課題となっています。ベテラン運転手が次々と引退したことによって、若手の育成が急務となっているのです。

バスの運転は特別な技術を要するため、誰もが一朝一夕にできる仕事ではありません。だからこそ、各バス会社では新しい人材を積極的に採用し、自社でしっかりと育てていく傾向が強くなっているようです。

未経験者でも、この仕事を目指せるチャンスは以前より多くなっているようです。

また、バス運転手に対する薄給激務のイメージを払拭すべく、働きやすい環境を整えたり、待遇を改善したりするバス会社も徐々に出てきており、これからバス運転手を目指す人にとってはチャンスといえるでしょう。

もともとは男性中心の仕事でしたが、女性の採用も今後はさらに増えていくものと考えられます。

正社員以外の採用も多い

しかし、すべてのバス会社が正社員採用を行っているわけではありません。

この仕事は、嘱託運転士として働く人も比較的多いといわれています。嘱託運転士はいわゆる契約社員の扱いとなるため、正社員よりも給料が少なかったり、勤務できる日数が制限されていたりすることがあります。

ただし、ほとんどの場合、嘱託社員として2年〜5年程度働いて勤務態度などに問題がないと認められれば、正社員に登用されるようです。

経験が浅かったり未経験である場合、最初は条件があまり良くないところからのスタートかもしれませんが、がんばればステップアップしていける会社はたくさんあります。

バス会社によって雇用形態や勤務条件は異なりますので、よく比較してみましょう。