ビルメンテナンスの仕事内容

ビルの快適さを保つための管理を行う

ビルメンテナンスは、大型商業施設やオフィスビル、病院といったさまざまなビルが快適に利用できるように管理・メンテナンスする仕事です。

具体的には、電気設備・空調設備・ボイラー設備などの管理、不具合のある設備の保守・点検、また必要に応じて専門業者の手配を行います。

電気やボイラーなどの扱いには専門の資格が必要となりますが、ビルメンテナンスとして働く人自身がその資格を持っている場合には、自らメンテナンスにあたります。

さらに、職場によっては警備や清掃の仕事まで行います。

大規模なビルは管理方法も決まっている

床面積3000平方メートル以上の大きなビルになると、「ビル管理法」という法律の対象となり、定期的に水や空気の検査、受水槽の清掃、害虫駆除などを行う必要があります。

その場合、それぞれ専門の業者に依頼して、ビルメンテナンスは作業立会を行います。

中央監視室でビルを見守る

ビルメンテナンスは普段、ビルの地下にあることが多い「中央監視室」といわれる部屋におり、モニターでビル内を監視するのが一般的です。

そして、定期的にビル内を巡回し、異常がないか確認します。

あくまでも「裏方」としての役目を果たし、あまり目立つ存在とはいえません。

しかし、もしビルのどこかに異常が発生すれば、即座に適切な対応をとり、修理や修繕、業者手配などの行動をとります。

ビルメンテナンスにとっては、何もトラブルが起こらない、起こさないようにすることが大事な役割です。

人と接する仕事もある

ビルメンテナンスというと、監視室にこもり、機械と向き合うだけの仕事と思われがちですが、職場によっては各テナントや利用者の対応を行ったり、オーナーなどとの折衝業務も行うことがあります。