ビルメンテナンスのつらいこと、大変なこと、きついこと

何事も起こらないのが当たり前と思われる

ビルメンテナンスは、ビルの快適さと安心・安全を守るために不可欠な仕事です。

しかし、その業務の大半は裏方仕事であり、あまり目立つ存在とはいえません。

ビルの空調や電気といった設備が問題なく利用できるのはビルメンテナンスの力あってこそですが、利用者やテナントは普段、ビルメンテナンスの存在を感じることはほとんどありません。

ビルメンテナンスは日常的な点検や修理を、見えないところでコツコツとやっていかなくてはならないのです。

直接感謝されなくても、ビルを守っているという誇りを持って働き続けなくてはならないのは、ビルメンテナンスの大変なところのひとつといえるでしょう。

現場によっては大きなプレッシャーが

ビルメンテナンスは、さまざまな建物の設備管理を行いますが、現場によっては相当なプレッシャーやストレスがかかるようです。

とくに大変だといわれている場所のひとつが病院です。

入院患者のいるような病院は、設備トラブルによって人の命を左右することにもつながりかねません。

つねに気を張って仕事をすることになります。

またショッピングセンターなどの商業施設やデパートも、日中は利用客からのクレーム対応、テナントとのコミュニケーションなどに追われ、また営業終了後の夜中に修理や搬入などを行うことが多いため、大型の商業施設であればあるほど大変なようです。

資格の勉強が必須

ビルメンテナンスの仕事では、設備管理に関連する多様な資格の取得が求められます。

そのなかには、実務経験が必要なものもあれば、専門的に勉強をしないと取得が難しいものも含まれます。

職場によっては資格を取らなくても働けるところはありますが、この業界自体の給与水準がさほど高くないため、収入アップのためにも資格取得を目指す人が多いようです。

働きながら勉強を続けていかなくてはならないのも、ビルメンテナンスの大変なところだといえるでしょう。