ブリーダーへの転職

動物に関する専門知識が必要

ブリーダーは、なるために特別な資格や学歴が問われる職業ではありません。そのため、国家資格が必要な職業と比べれば、別の職業から転職するためのハードルは比較的低いといえるでしょう。

しかしながら、いざブリーダーとして働こうとすれば、動物の生態や飼育、しつけ、病気など、さまざまな知識が必要になることがわかるはずです。

もし、これらの知識を持たないままブリーダーになれば、かけがえのない命を疎かにしてしまうかもしれません。

もし一人前のブリーダーになりたいと思ったら、まずは動物に関する確かな知識を得ること、そしてブリーダーとしての経験を積むことから考えていくことが大切です。

経験を積むことが第一

ブリーダーは、ブリーディング業を展開する企業があるほか、個人で活躍する人も多数います。

スキルのない人がいきなりバリバリ働くことは難しいため、ブリーダー未経験者は、まずは個人のブリーダーの「アシスタント」となり、少しずつ経験を積んでいく方法が一般的です。

企業では、「研修生」や「サポートスタッフ」として未経験者を雇うケースもありますが、なかには動物専門学校の卒業生を対象とするところもあるため、注意が必要です。

これらの求人情報は、おもに企業や個人のホームページを中心に掲載されています。

有利に転職するには?

先に述べた通り、ブリーダーは絶対に必要とされる資格が存在しないため、この資格があれば必ず就職できると断言できるものはありません。

ただし、日々たくさんの動物と接するという職業柄、トリマーの勉強をしていたり、関連資格として「ペット繁殖指導員」「動物看護士」「愛玩動物飼養管理士」などを持っていると、有利になるかもしれません。

動物看護師の仕事

いくつかの民間資格は、専門学校に通わずとも通信講座で学んで取得することができます。

なお、特別な資格や勉強の経験がなくても、犬や猫を飼っていた経験がある人も、優遇されるケースがあるようです。