ブリーダーのつらいこと、大変なこと

動物に関する深い専門知識が必要

ブリーダーは、犬や猫など自分が扱う動物に関する専門知識は必ず身に付けておかなくてはなりません。また、ブリーダーになってからもわからないこと、壁にぶつかることはたくさん出てくるでしょう。

想像していた通りの繁殖ができなかったり、生まれた動物に原因不明の障害が出てしまったり、場合によっては生まれてすぐ病気になり命を落としてしまう可能性もあります。

繁殖が成功したらとてもうれしいのですが、一方では悩んだり落ち込んだりすることも多く、気持ちの強さが求められる仕事だといえるでしょう。

自分よりも動物優先の生活

親となる動物に健康で元気な子どもを産ませるためには、そして産まれた子どもたちが元気に成長するためには、動物がストレスなく暮らせる環境づくりが欠かせません。

動物は非常にデリケートであり、不衛生な環境に置いたり、極端に寒い・暑いような場所でストレスを感じさせていると、病気になってしまうこともあるのです。

だからこそ、動物が暮らすケージはいつもキレイに掃除しておく必要がありますし、室温管理も念入りに行う必要があります。

また、もし犬を扱うのであれば、元気に安心して走り回れるドッグランを整えたりもします。

こうして、ブリーダーは飼い主の元へ動物を届けるまでに、すくすくとその成長を手助けすることはもちろん、無駄吠えしたり人嫌いにならないような「しつけ」も時間をかけてやっていかなくてはなりません。

毎日動物優先で過ごす必要があり、自分の思う通りに休みがとれないことは、この仕事の大変な面です。

プロとしての責任が求められる

大量繁殖を目的とし、きちんと健康管理をしないで繁殖を続けたり、本当は病気を持った子犬なのにそれを隠したまま販売してしまう。残念ながら、業界にはそんな悪質なブリーダーも存在しています。

しかし、こういった適当な仕事をしていれば必ずクレームとなるでしょう。

ペットショップに卸している場合は取引停止になる可能性もありますし、直接飼い主とやりとりする場合も大きなトラブルに発展しかねません。法律違反をすれば訴えられる可能性もあります。

ブリーダーにとって大切なことは、まず動物の繁殖に関する正しい知識を持つこと。そして、その知識を生かしながら「命を扱うこと」に対する強い責任感を持って仕事に臨むことです。

一年中、多くの動物の誕生を見ているブリーダーですが、その動物を迎え入れる飼い主にとっては一匹の大切な命です。

ブリーダーは、いつだって自分が面倒をみる動物たちに愛情を注ぎ続ける必要があります。もし販売できなかった動物は、自分で引き取ることも考えなければなりません。

個人で働きやすい仕事ではありますが、動物の繁殖にはお金も時間もかかるため、「片手間でやろう」という軽い気持ちでは決して務まらない仕事だといえるでしょう。