ブリーダーの資格、免許

特別な資格は必要なし

ブリーダーには医師や看護師のような国家資格がなく、ブリーダーになるために絶対に必要とされる資格は存在しません。

ただし、ブリーダーにはペットの交配から出産、繁殖、そして流通に至るまでの多岐に渡る知識が必要とされるため、素人が軽い気持ちで就ける仕事ではないといえます。

ブリーダーを目指す方法として、すでにブリーダーとして活躍している人の下で経験を積むほか、ブリーダーの養成学校に通ったり、動物に関わる民間の資格取得を目指して勉強しながら、知識を身に付けていくこともできます。

ブリーダーに関連する民間資格としては、「JCSA認定 ドッグブリーダー」「ペット繁殖指導員」「動物看護士」「愛玩動物飼養管理士」などがあります。

先に述べた通り、これらの取得は決して必須ではありません。

しかし、持っておくことで動物の生態やしつけ、管理、病気などに関する確かな知識を得ることができますし、資格はいずれブリーダーとして就職したり、独立開業する際にも役立つとされています。

なお、資格合格のために必要な知識やスキルは、動物の専門学校のほか、民間の通信教育でも学ぶことができます。

お金や時間をできるだけ抑えて資格取得を目指したいという方は、通信教育を検討してみるのもよいかもしれません。

開業するには免許が必要

ブリーダーになるために資格取得は必須ではないものの、自ら動物の販売を行う場合は、各都道府県に対して「動物取扱業」の届出が必要となります。

動物取扱業の登録をするためには「動物取扱責任者」の資格を得る必要があり、資格を得るためにはいくつかの要件を満たしていなくてはなりません。

ブリーダーになるには

「動物取扱業」に関する定めは都道府県によって異なるため、お住まいの地域の保健所などに確認してください。