未経験からブリーダーになれる?

ブリーダーという職業の知名度が上がっている今、「何の知識も経験もないけれど、ブリーダーとして働きたい!」と考える人は増えているかもしれません。

果たして未経験からブリーダーを目指せるのか、もし可能なのであればどのようにすればいいのか、という点に関しては多くの人が気になるはずです。

ここでは、未経験からブリーダーを目指すことについて考えてみましょう。

アシスタントになる

「動物の知識」と「ブリーダーの業務経験」。このいずれもない人がブリーダーを目指す場合は、アシスタントからスタートする方法を考えるとよいでしょう。

先輩ブリーダーに弟子入りするといったイメージです。

現在はブリーダーの需要がやや高まっているため、地域などにもよりますが、アシスタントの募集は比較的多く見受けられます。

アルバイトやパートであれば、まったくの未経験者を受け入れてくれることも多いようです。

アシスタントは動物の餌やりや散歩、掃除などから担当し、知識を深めていくことでさまざまな業務を任されるようになります。

時給は一般的なアルバイトとほぼ変わりませんが、経験を積みながらお金をもらえるのはメリットといえるでしょう。

ただし、動物の命に触れる仕事である以上、ただ「動物が好き」というだけでなく、体力や精神力が求められます。それなりの厳しさにも耐えうるだけの覚悟と熱意は必須です。

どんなブリーダーに付くべき?

動物をただの「商品」としか見ないブリーダーではなく、愛護精神を持ったブリーダーの下で経験を積むことが大事です。

現場で仕事を覚えていくとなれば、師匠となる人の考え方や価値観の影響を大きく受けることになるため、正しい知識、正しい動物との接し方を指導してくれるブリーダーを探すべきです。

将来、独立を考えているのであれば、資金繰りなどの経営面なども含め、しっかりとノウハウを学べる環境かということも重要なポイントとなります。

中には保健所に「動物取扱業」の登録をしないままブリーディングを行う悪質ブリーダーも存在しています。これからブリーダーを目指す人は、よく見極めたうえでアシスタントに応募しましょう。