副業、兼業のブリーダー

兼業・副業でブリーダーになれる?

ブリーダーは、専業としてこの仕事一本で働く人がいる一方、他の職業に就きながら、副業や副業として働く人もいます。

ブリーダーになるためには、動物の生態や繁殖等に関する知識や経験が必要ですが、特別な学歴や資格は問われないため、スキルさえあれば副業、兼業でブリーディングを行うことも可能です。

ただし、犬や猫を飼ったことがある人ならわかるでしょうが、動物の飼育は決して簡単なことではありません。

毎日、餌やりやトイレ掃除、散歩などをさせる必要がありますし、出産期になれば夜を徹して子どもの誕生を見守る必要もあります。

本業の種類や忙しさにもよりますが、最初から何匹もの犬や猫を扱うほど大きな規模でスタートすることは、やめておいたほうがよいかもしれません。

安易な気持ちではできない仕事

副業、兼業だからといって、「お小遣い稼ぎ」のような軽い気持ちでこの仕事をするのはオススメできません。

動物にも私たちと同じように命が宿っています。その命を大切に守るためには、最期まで面倒をみるのだという覚悟と、生態や飼育に関する正しい知識が必要です。

残念ながら、現在ブリーダーとして働く人のなかにも大切な命を乱雑に扱う悪質ブリーダーがおり、その存在が問題となっています。

また、動物の飼育や出産にはお金がかかりますし、ペットショップなどに流通させる場合は価格を叩かれるケースが多いため、必ずしも儲かるとは限りません。

トップブリーダーになれば、年収1000万円以上を稼ぐ人もいるといわれますが、そのような人はごく僅かであり、場合によっては赤字覚悟で働く必要があります。

こうした厳しさを理解し、専業であれ兼業であれ、「新しい命を自分の意思で生ませる」という責任の重さをしっかりと理解したうえで、ブリーダーを目指してほしいものです。