ブリーダーのアルバイト

未経験からアルバイトとして働く

ブリーダーとして働くには、動物の生態や交配、繁殖などに関する幅広い知識が必要となります。

動物に関する知識は専門学校などで学ぶこともできますが、ブリーダーとしてのスキルは業務を通じて身に付くことも多々あるため、先輩ブリーダーに弟子入りして学ぶ方法をとる人も多いようです。

動物の繁殖や販売は、会社がビジネスとして手がけていることもありますが、実は個人のブリーダーもたくさん存在します。なかには、一流のスキルを持った「トップブリーダー」と呼ばれる人もいるほどです。

ブリーダー業をやっている個人や企業では、「アシスタント」や「サポートスタッフ」という形で、アルバイトやパートスタッフの募集をかけることがあります。

最近はブリーダーの需要が高まっているため、地域にもよりますが、アルバイトの募集は比較的見つけやすいといえるでしょう。

アルバイトの仕事

ブリーダーのアルバイト(アシスタント)の一般的な仕事は、動物の餌やりや散歩、掃除が中心です

もちろん、経験やスキルに応じて任される仕事も増えていきますが、最初はあくまでも師匠となる先輩ブリーダーの補佐業務からスタートすると考えておいたほうがよいでしょう。

アルバイトとして働く場合、犬や猫の飼育経験が歓迎されることがありますが、動物を愛する気持ちさえあれば、特別な資格や経験は問われないことも多いようです。

未経験であれば、時給850円〜1000円程度からスタートすることが一般的です。

ブリーダーはスキルがモノをいう仕事であるため、たとえアルバイトであっても、業務を通じて得たものはキャリアアップしていくうえでの大きな財産となるでしょう。

ただし、ブリーダーは質の良し悪しの差が大きく、なかには命ある動物を「商品」としか見ずに、適切な飼育や繁殖を行わない悪質ブリーダーも存在するといわれています。

アルバイトとして働く先を探す場合も、各ブリーダーの考え方や仕事の仕方をよくチェックし、本当に信頼できるブリーダーかどうかを見極めてから決めるべきでしょう。