プロボクサーのプロテスト・試験・年齢制限

プロテストの受験資格

日本プロボクシングコミッション(JBC)が行うプロテストの受験資格は、以下の3点です。

1.日本プロボクシング協会(JPBC)加盟のボクシングジムに所属していること。
2.17歳〜32歳までの男女(未成年者の場合、親権者の承諾書が必要)。
3.コミッションドクターによる健康診断に合格すること。

健康診断には、B型肝炎検査、頭部CT検査(30歳以上は頭部MRI検査)、女子はテスト日から30日前以内の妊娠反応検査が含まれます。

これらの受験資格を満たせば、筆記試験と実技テストを受けることができます。

また、受験料は下記のようになっています。

1.男子C級テスト:6,300円
2.女子C級テスト:10,500円
3.男子B級テスト:10,500円
3.女子B級テスト:10,500円

受験資格が認めると筆記と実技テストを受ける

筆記試験は、簡単なルールテストです。所属ジムで練習生としてトレーニングを積んでいれば、ほぼ確実に合格できるといわれています。

実技テストは、受験者同士による2ラウンドのスパーリング形式で行われます。受験者はヘッドギアを着用し、1ラウンド2分30秒、インターバルは30秒です。

テストでは、ワンツーパンチを基本とする攻撃と、ガードを中心とする防御の能力が審査されます。スパーリング形式のテストといっても勝ち負けはなく、採点は絶対評価です。

1人1人、基本が身についているかどうか評価されますので、スパーリングを行った2人とも合格することもあれば、2人とも不合格になることもあります。

プロテストの合格率は60%以上と高め

プロテストの合格率は、高くなっています。これは、プロテストを受けるレベルに達しているかどうか、予め所属ジムで評価するからです。

所属ジムで合格レベルと評価しなければ、本人が希望してもなかなかプロテストは受けさせてもらえません。

2013年12月のプロテストで、東京会場の男子が、B級、C級合わせて50名受験して合格者は33名(合格率66%)、女子は2名が受験して2人とも合格しました。

九州会場は男子C級を12名が受験して9名が合格(合格率75%)、中部会場は受験したC級男子1名が合格しています。

2014年1月のプロテストでは、東京会場の男子がB級、C級合わせて46名が受験して37名が合格(合格率80%)しました。関西会場では、男子C級を9名が受験して8名(合格率89%)が合格、女子C級を2名が受験して2人とも合格しています。

プロテストの開催は、東京では毎月1回以上、地方では不定期となっています。詳しくは、JBCのホームページで確認してください。また、不合格者でも、3ヵ月後に再受験が可能となっています。
JBC プロボクサー新人テスト受験要項