冒険家の仕事内容

未知の場所に足を踏み入れ、新しい発見をする

冒険家とは、日本全国や世界の海、山、川、極地などを旅して、チャレンジを続ける人のことをいいます。

人類未踏の場所へ出かけ、新たな発見をすることが冒険の主な目的です。

そのため、冒険家が訪れる場所は数千メートル級の山やジャングル、あるいは北極・南極など、一般の人々にとっては暮らしにくいエリアが中心となります。

また冒険家には、危険とわかっていることにもあえてチャレンジする一面があります。

行き先によっては命の危険にもさらされますが、そんな過酷な状況に屈することなく冒険をすることで、自ら新しい喜びを得ることができ、人々にも感動を与えることができます。

冒険のためには多額の資金が必要となるため、多くの冒険家は他の仕事をして自分でお金を貯めるか、スポンサーを付けてから冒険に出ます。

冒険家は職業?

冒険家として活躍している人のほとんどは、決して「お金を稼ぐため」に冒険をしているわけではないようです。

それよりも、「未知なるものを自分の目で見たい」「新しい発見をしたい」といった気持ちが抑えきれずに、冒険家になるということがほとんどです。

冒険に成功したり有名な冒険家になれば、書籍の執筆やテレビ出演、講演などの依頼を受けるようになり、そこから収入を得ることができますが、冒険することそのもので収入を得るのは難しいといえます。

そのため、人によっては冒険家は職業ではないという考え方をする人もいるようです。

冒険家に求められるもの

冒険家にとって、冒険はどんな仕事よりもやりがい、生きがいを感じられるものだといいます。

しかし、実際には冒険によって命を失った人もいます。どれだけ入念な準備を重ね、真剣に冒険に臨んだとしても、未知なる場所へ行く以上、危険と隣り合わせであることは否めません。

「本当に冒険がしたい」という強い熱意と勇気のある人だけが、冒険家として生きていけるといえるでしょう。

また、ハードな状況と孤独感に耐えうるだけの並外れた体力、精神力も必要です。