冒険家のつらいこと、大変なこと、苦労

収入を得られるとは限らない

冒険家は、なるために特別な資格や学歴が求められるわけではありません。

もちろん、冒険は日常を離れた特殊な体験となるだけに軽い気持ちでできるわけではありませんが、誰でも本気になれば、冒険家を目指すことは可能だといえます。

しかし、冒険家になったとしても、それで安定して生活できるだけのお金を稼げるのは、ほんの一部の人だけです。

冒険家として生計を立てている人の多くは冒険の記録を執筆して出版したり、メディアに出演したり、あるいは講演をしたりすることで収入を得ています。

このような依頼をもらうためには、冒険家としてそれなりの成果を出す必要があります。無名の冒険家であれば、まったくお金が入らないこともあります。

もちろん、冒険家として大きく稼いでいる人もいますが、そこまでの存在になるのはたやすくないと考えておいたほうがよいでしょう。

命の危険を覚悟する必要がある

冒険家には、危険を承知で、あえてチャレンジするという一面があります。

冒険の定義はさまざまなされていますが、多くの人がやったことのないことに挑戦するのが冒険家だとすれば、やはりそこにはリスクがつきまといます。

安全が確保されている場所で、安全な経験をするのでは冒険とはいえないでしょう。

実際、冒険の途中で命を落とした冒険家も少なくありません。

いつでも生と死が隣り合わせであることを覚悟できなければ、真の冒険家として生きていくのは難しいのかもしれません。

強靭な体力と精神力が必要

冒険家には、ハードな環境や孤独な状況にも耐えうるだけの強い体力と精神力が求められます。

冒険家が足を踏み入れる北極や南極、あるいは険しい山岳地帯などは、普段暮らしている場所と気候をはじめ、何もかもが異なります。

そのような場所で過ごすのは決して簡単なことではありません。

また、未知なる場所で危険な状況に陥ったとしても、基本的には自分一人で困難を克服しなくてはなりません。

並外れた「強さ」がなければ、とても冒険を続けていくことはできないでしょう。