冒険家と探検家の違い

「冒険」と「探検」の意味

「冒険家」と「探検家」は似ている言葉なだけに、しばしば同じような意味で捉えられているようですが、実際、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

「冒険」と「探検」というそれぞれの言葉を辞書で引いてみると、以下のように書かれています。

・探検:危険を冒して、未知の地域に踏み込み、実地に調べてみること。
・冒険:危険を承知(不成功を覚悟の上)で行うこと。

上記の意味から考えていくと、「探検は、訪れた場所の地理、気候、文化などがどのようになっているのかを調べること」に重きが置かれており、「冒険は、危険とわかっていることに対するチャレンジすること」に重きが置かれているといえるでしょう。

探検家であり、冒険家である人も

深海の探索へ出かける調査官や、地球を飛び出していく宇宙飛行士も、探検家の一部であるといわれることがあります。

たしかに、深海や宇宙というまだ謎が多い場所を調べようとする人は、探検家といってもおかしくないでしょう。

なお、冒険家は、探検家のように未知の地域を調査することもありますが、それ以外にも気球で世界の海を横断したり、世界で一番高い山に何度も登ってみたりと、「それをする行為そのもの」を重視していることが多いようです。

昔からたくさんの人が冒険家として名を残していますが、「なぜ冒険をするのか?」という問いに対する答えは、人それぞれ違います。

「名誉を得たい」という気持ちで冒険をする人もいますが、これも冒険家のひとつの生き方といえるでしょう。

もちろん、探検をしながら冒険をすることも珍しくはありません。

挑戦する冒険家にとって、「未知のものを見たい、知りたい」という気持ちは当たり前のようについてくるものです。

誰も訪れたことのない場所、よく知られていない場所を調べに出かけるということは、ときに危険を伴います。また、必ずしも成功するとは限りません。

それをわかっていながら挑戦する気持ちを持って行動する人は、探検家であり冒険家でもあるといえるでしょう。