貿易事務のやりがい、魅力

流通の中心を担えるやりがい

貿易事務スタッフの扱う輸出入の規模は、会社の規模に比例するといっていいでしょう。

大企業の場合は、一度の手続きによって何千トン、何千万円という規模の製品や資材を動かす場合もあります。

自分が積み重ねる業務によって、大規模な取引が行われるというのは、ダイナミックな業務に関わる醍醐味があるのではないでしょうか。

中小企業にももちろんやりがいはあります。

たとえば海外ブランドのアパレル商品を日本代理店として輸入している場合、自分の仕事がなければそのブランドが日本で流通することはないのだ、というプライドを抱きながら仕事をする人もいます。

また、中小企業では営業アシスタント業務を含む貿易事務を任されるケースが多くあります。

営業担当や取引先の担当者などとのコミュニケーションをとりながらの仕事になるため、書類作成業務にはないマンツーマン業務のやりがいを感じられるでしょう。

語学力を活かし、スキルアップもできる

貿易事務は、輸出入に関わる英文文書の読み書きは日々の業務で必要され、その量も非常に多く、スピーディ且つ正確に処理することが求められます。

最近では、アジア各国との取引も増えているため、英語だけでなく、中国語やその他の言語を使って仕事がしたいという場合には役に立てることができます。

外国人との交流を目指して語学を勉強したとしても、日常的に使う機会がなければ、語学はすぐにさびついてしまいます。

貿易事務は日常的に外国語を使用するため、さらなるスキルアップをはかることも可能でしょう。

外国の文化に触れられるグローバルな業務

貿易事務の仕事は、書類の作成やメールでの連絡といった事務作業が主にはなりますが、取引を円滑に行うために、海外の顧客や関連企業とは頻繁にコミュニケーションをとる必要があります。

その中では外国の文化や考え方の違いなどに触れる機会も多く、日本のビジネスの常識が通じないケースや国際情勢を意識せざるを得ないことなど、新しい発見も多い仕事です。

そのためグローバルな業務に携わりたいという人には魅力的な仕事といえるでしょう。

専門性を高められる

貿易事務は、通関書類や船積手配の書類など、専門用語やフォーマットが多く、初めての場合は非常に難しく感じることも多いでしょう。

また、実際の業務は、こつこつとこなす地味なものが多く、量も多いため、時間内で処理することが大変かもしれません。

一方で、それらの業務に慣れることで、多くの業務を的確に処理することが可能になり、経験が専門知識として身につきます。

そして、書類作成からクレーム対応を含めて取引全体に関わっていくなど、業務範囲を広げていき、より専門性を深めていくこともできるでしょう。

長くキャリアを積むことができる

貿易事務は、一般的な事務職と異なり、輸出入に関する専門知識が必要となる仕事です。

そのため、転職市場などでは年齢に関わらず経験者への求人は多くみられます。

女性の場合、育児や家庭の事情などで一旦職を離れた後でも、貿易事務として復帰することは比較的容易であり、長くキャリアを積むことができる職種といえます。