貿易事務の仕事内容

貿易事務とはどんな職業?

貿易事務は、海外取引先との輸出入取引の際に発生する事務手続きを担当する職業です。

輸出入取引を行うには、国をまたいで物を移動させるため、さまざまな事務処理が必要となります。

貿易事務は大きく、輸出業務と輸入業務に分けられます。

輸出業務に関わる場合は輸出通関手配や通関書類の作成、運送手段の確保を行います。

輸入業務の場合は輸入通関手配、関税などの税金納付処理、納入された商品の保管状況管理などの業務があります。

貿易事務は、輸出入に関わる法律、通関、船積みや外国為替といった専門知識をベースに、輸出入取引がスムーズに行われるように、迅速で正確な事務処理を行うことでサポートする役割を担います。

貿易事務スタッフの具体的なペーパーワークとしては、見積書や請求書の作成、船積書類の作成、受発注や出荷に関わる書類の作成、データ入力、伝票処理などがあります。

また大企業では、貿易事務の一種として専任の営業アシスタント業務を採用するところもあります。

輸出入に関わるペーパーワークではなく、取引先とのコレポン(連絡調整)がメインの仕事です。

外出が多い営業担当のサポートとして、オフィスで取引先とのスケジュール管理など、迅速なコミュニケーションをこなす役割です。

営業アシスタント業務としては、メールや電話での取引先とのコレポン業務、受発注・出荷に関するスケジュール調整、納期等のスケジュール調整があります。

営業アシスタントとしての仕事が認められると、海外の取引先との打ち合わせ・交渉のため、営業担当に随行して海外出張に赴くこともあります。

貿易事務が求められる業界の例

貿易事務として活躍できる業界としては、まずメーカーが挙げられます。

大手メーカーでは海外工場の製品を日本に逆輸入する手配をしたり、別の国に輸出したり、またはある国から資材を海外工場に納入したりと、クロスボーダーな輸出入業務に当たることができます。

次に商社も貿易事務が欠かせない職場でしょう。

たとえば海外メーカーの商品を日本に輸入したり、反対に日本企業の代理店として商品を海外市場に卸す際、貿易事務スタッフが必要とされます。

また、船舶会社や航空会社などの運輸業界でも、運搬手段手配の中継ぎをする役割として、貿易事務の求人が多くなっています。

貿易事務の主な勤務先

・商社
・製造業者
・通関手続きを代行するフォワーダー
・船舶会社
・海運貨物取扱業者
・保険会社
・銀行
・税関
・商工会議所

勤め先によって異なる業務内容、範囲

貿易事務といっても、勤務する会社の規模や業種によって、仕事の内容も大きく異なります。

一般的に大企業の場合は業務が細分化されており、貿易取引の一連の流れの中でも、たとえば商品の受注・発注業務のみを担当するということがあります。

一方、小規模企業の場合は、商品の受注・発注だけでなく、倉庫の手配、通関手続き・船積み手続き、代金の回収、クレーム処理など取引に関わるいくつかの業務を担当するケースもみられます。

また、商社での貿易事務の場合、取引相手となる海外企業との間で商品の価格交渉や受発注業務、船積手配といった業務が中心となります。

一方、通関手続きを代行するフォワーダーでの場合は、商社や製造業者の依頼に基づいて通関書類の作成などの代行が業務内容となります。

このようにそれぞれの職場で輸出入のどの部分の事務処理に携わるのかなどは大きく異なりますが、共通している基本業務も多いため、部門や会社が変わっても基礎知識や経験を活かしてスキルアップをはかることも可能でしょう。