貿易事務の仕事内容

貿易事務とはどんな職業? 貿易事務は、海外取引先との輸出入取引の際に発生する事務手続きを担当する職業です。 輸出入取引を行うには、国をまたいで物を移動させるため、さまざまな事務処理が必要となります。 貿易事務は大きく、輸 … 続きを読む

貿易事務の1日

典型的な1日の流れ 大手家電メーカーの貿易部門で、海外自社工場で製造した電化製品を日本に輸入したり、国内工場での製造に必要な部品の輸入を担当する正社員の貿易事務の1日を例に挙げて、仕事の流れを見てみましょう。 9:00 … 続きを読む

貿易事務のやりがい、魅力

流通の中心を担えるやりがい 貿易事務スタッフの扱う輸出入の規模は、会社の規模に比例するといっていいでしょう。 大企業の場合は、一度の手続きによって何千トン、何千万円という規模の製品や資材を動かす場合もあります。 自分が積 … 続きを読む

貿易事務のつらいこと、大変なこと、苦労

貿易事務は残業が多い? 貿易事務では、外国企業との連絡のやりとりも頻繁になります。 そのため、外国企業との時差の都合で、朝早くから対応しなければならない業務や、定時後に連絡をしなければならないことは多くあります。 定時後 … 続きを読む

貿易事務の現状と将来性

社会的変化により大きく影響を受ける輸出入業界 経済のグローバル化に伴い、日本の輸出入の貿易総額は40年前に比べると約4.64倍へと増加しています。 2014年の貿易総額は約159兆円に達し、アメリカ、中国、EUに次いで世 … 続きを読む