貿易事務のつらいこと、大変なこと、苦労

貿易事務は残業が多い?

貿易事務では、外国企業との連絡のやりとりも頻繁になります。

そのため、外国企業との時差の都合で、朝早くから対応しなければならない業務や、定時後に連絡をしなければならないことは多くあります。

定時後に急ぎで対応しなければならないことや、夕方以降に電話がくるということも多く、残業が必要になることも多くなりがちです。

また、案件に複数の取引先の仲介役をする場合も残業が多くなってしまいます。

各所との調整がある場合、それぞれからの返答を待つ必要があり、また海外工場であれば時差もありますから、この場合も自然と残業が多くなってしまいます。

もちろん業種にもよりますが、貿易事務の仕事は、慢性的に残業がある職場が多いようです。

大量の業務を処理するストレス

国を横断して、商品を無事に顧客の下へ納品するまでは、倉庫、輸送機関、税関などさまざまな関係機関をとおらなければなりません。

そして、貿易事務としては通関書類や船積申請書類などの書類を作成し、並行して進捗などを関係者へ連絡しながら進めることが必要となります。

また、納期や申請期限などを確実に把握して、それに間に合うように、膨大な種類の書類をミスがないように処理しなければならなりません。

専門用語や時には英語で書かれた書類もあるなかで、ミスなく丁寧かつスピーディな対応が求められる、非常にストレスのたまる業務です。

社会事象に振り回されることも

社会事象や天候に振り回されるのも、貿易事務の仕事の特徴です。

たとえば東日本大震災の際には、すべての輸送機関が麻痺してしまったため、国内からの輸出待ちの製品や、海外からの輸入製品のストック場所の確保に非常に苦労した、という話があります。

規模は小さいものの、悪天候のせいで輸送機関がストップしても、これと同じことが起こりえます。

そのため、貿易事務に携わる人は、天気予報にとても敏感になるそうです。

天候や国の情勢などによって、船便が遅れたりなども頻繁にあるため、常に気を配りながら仕事を進める必要があり、一般的な事務にはない国際感覚や注意力が求められます。

文化の違いでトラブルが起こる

輸出入業務では、取引先の外国人と関わることも多くあります。

その際には、国によってビジネスの慣習が異なり、時間の考え方や仕事の進め方や方法が異なることも多く、日本のビジネススタイルで進めようと思っても上手くいかないことが多々あります。

自分の常識が相手の常識であると思うのではなく、明確に意思を伝え、こまめに連絡を取り合い、認識にズレがないかなどを確認しなければ大きなトラブルになることも珍しくありません。

輸送手段手配業務で板挟みになる

現在、トラックドライバーの不足が深刻化しているといわれています。

大型自動車免許を持つ人口自体が減少している上に、不況の影響で運送会社の倒産が相次いでいるためです。

その上東京湾など埠頭が狭い港湾の場合、渋滞がひどいため効率が悪く、運送会社が受注を渋ることが多いそうです。

しかし、日々輸入されてくる品物、輸出されていく品物を、埠頭や空港に届けるため、輸送手段を確保するのも貿易事務の仕事です。

これが滞ると、例えば工業製品輸入の場合は国内工場のラインが止まってしまったり、輸出の場合は船が遅れることで数千万円の損失が出たりもします。

これは大企業の例ですが、貿易事務に携わる人たちは、多かれ少なかれ輸送手段手配のプレッシャーを抱えながら仕事をしています。