貿易事務の志望動機、面接

貿易事務の志望動機

貿易事務の志望動機は、それぞれの人の仕事に対するイメージにより幅があるでしょう。

その中でも多いのが、語学を活かせる仕事をしてみたいというものです。

大学の語学系の学部や国際関係学部を卒業した人にとっては、専攻した語学や国に関係する職業として、貿易事務は魅力的でしょう。

また、就職先の企業によっては、事務でありながらコミュニケーション能力を活かした調整業務に関われることに魅力を感じる人もいます。

経験を積み能力が認められると、営業アシスタントとして海外出張に同行するなど、幅広い活躍が見込まれます。

反対に、体力的な理由から、主にオフィス内でのデスクワークに従事できる点を歓迎する人もいます。

しかし業界や企業によっては残業が慢性化しているケースもあり、この場合体力的に楽だから、という理由で貿易事務を志望しても、希望がかなわないかもしれません。

面接の際にアピールしたいこと

貿易事務のポジションの面接の際にアピールすべきことは、新卒採用なのか中途採用なのか、貿易事務経験者なのか、未経験者なのか、によって違ってきます。

大学生の新卒採用の場合は、なぜ貿易事務を志望しているのかに加え、その仕事をするために現時点で持っているスキルをアピールする必要があります。

貿易事務ではメールや書類作成などで英語を使用する頻度が高いですから、大学在学中に取得しやすいTOEICスコアなどで英語能力を証明すればいいでしょう。

また、海外留学経験があれば大きなアピールポイントになります。

中途採用のポジションに貿易事務経験者として応募する場合は、現職または前職での具体的な業務を聞かれますから、業種をはっきりさせた上で、日々の業務の流れとタスクを整理して伝えればいいでしょう。

また、転職したい理由を、キャリアプランの視点から述べると好感度が上がります。

未経験者の場合、志望動機だけでなく、現職または前職の経験をどう貿易事務の仕事に活かせるのかをアピールしましょう。

たとえば国内の物流業界での経験があれば、海外業者と取引した経験はなくても、受発注や貨物の一連の流れについては把握できているはずです。これは大きな強みになります。

いずれのケースにせよ、これまでの経験をどう貿易事務のポジションに活かせるかに的を絞り、説得力のあるアピールができるように準備しておきましょう。