貿易事務の1日

典型的な1日の流れ

大手家電メーカーの貿易部門で、海外自社工場で製造した電化製品を日本に輸入したり、国内工場での製造に必要な部品の輸入を担当する正社員の貿易事務の1日を例に挙げて、仕事の流れを見てみましょう。

9:00

出社。海外工場からのeメールをチェックして、必要があれば返信。同時に、その日一日のタスクを整理する。

10:00

国内工場での生産に必要な部品のインボイス(貨物の明細書兼代金請求書)がメールで送られてくる。

内容をチェックして、国内工場の担当者に転送する。

10:30

海外自社工場で製造した電化製品のインボイスが送られてくる。こちらも内容をチェックして、メーカーの納期管理担当者へ送付。

11:00

船会社の運行情報を確認。今のところ遅れなく、予定どおりに納品できそうだ。

11:30

少し手が空いたので、溜まっていたデータ入力のやり方を新人の派遣社員に指導。

12:00

昼食休憩

13:00

明日東京港入港予定の船が、急遽横浜港先港になるとの情報が入る。自社配送センターに緊急納入する予定だったトラックがキャンセルになる。

東京湾が狭いため、コンテナを回収するトラックの渋滞が頻繁に発生するので、取引先の運送会社でも受注を嫌がることがある。

数カ所の運送会社に電話をかけて、船の到着から最短納入できるトラックを確保できるよう交渉する。

14:00

午前中にインボイスを転送した国内の関係先から、急ぎの商品がインボイスに入っていないと問い合わせが入る。

海外工場の担当者に出荷予定を問い合わせる。急ぎで確認したいため、英語で電話をかける。

14:15

急ぎの製品は生産が間に合わなかったため、航空便で発送すると確認。国内事業者に電話をかけてその旨伝え、希望納期を確認。

14:30

航空便の到着に合わせて運搬用のトラックを手配する。物量が多いため、必要なトラック台数がなかなか捕まらず、苦労する。

15:00

派遣社員の業務上の相談に乗る。

派遣社員は基本的に正社員と同じ仕事をしているが、関係先から質問などがあれば、逐一正社員に回してもらうように伝えてある。

15:30

メーカー担当者と、物流改善を目指したミーティング。

「海外工場に近い港を使えば、物流コストが抑えられる。しかし、輸送の安定性はどうか、輸送日数がかかりすぎではないか」など意見を交わす。

16:30

DHLなどの国際宅配便に、納品指示をする。

18:00

退社