特殊系専門店の美容師になるには

特殊系専門店とは

通常のサロンとは異なり、特殊パーマ(ドレッド、コーンロウ、ツイスト、タイトロープ)やエクステンションをメインで行っている美容室があります。

この特殊系専門店では通常のカラーやパーマを行わないサロンもあり、就職時には事前に調べておく必要があるでしょう。

特殊系専門店で働く

ブラックミュージックが好きな方などで、ドレッドに魅せられた方もいらっしゃると思います。

ドレッドなどの特殊系パーマは専門学校や通常のサロンでは習うことがありません。技術を体得したい場合は、専門の講習に出席したり、直接特殊系のサロンで学ぶ必要があります。

特殊系パーマをメインで行っているサロンは高単価という特徴があります。一人一人のお客様の施術時間が長くなるということもありますし、毎日多くのお客様がご来店されるわけではないということが理由として挙げられます。

通常のサロンワークもできるように

特殊パーマやエクステンションができるというのは、今後とても大きな武器になりますが、その他の通常のサロンワークがおろそかになってしまうのはとても危険なことです。

そのまま特殊系のサロンでやっていくつもりであれば大丈夫ですが、もし独立するにあたってお客様の窓口を広げたいのであれば、必ず通常のサロンワークは必要になってきます。

ですから、特殊系パーマやエクステンションを習いたい方は、通常のサロンワークも十分に行っている美容室か、ある程度美容師として成熟してから習う方が良いでしょう。

今後の美容人生を考える

また、特殊系のサロンでは生涯顧客を付けるのが大変困難になってきます。やはり若い世代に人気のある美容室ですので、学生や20代の時にご来店してくださっていても、就職などをきっかけに失客することが多いようです。

好きなことを学ぶことはとても大切ですが、今後の美容人生のプラント比較しながら学ぶ必要があるといえるでしょう。

仕事体験談