美容師国家試験のポイント

筆記試験

国家試験で出題される問題や、授業で習う内容は基本的知識として大変重要になります。

今後美容師として働く、もしくはサロンオーナーとして働くうえで必要なものですので、できるだけテスト対策として捉えないように学習することをオススメします。

学科の国家試験の特徴として、過去に出題された問題の解答の理解が大変有効になります。同じ問題が出題される事はあまりありませんが、内容さえ理解していれば十分に解答が可能な場合が多く見られます。

名称を答える問題などは確実に回答出来るように把握する必要がありますが、数としては覚えきれない程の数ではありませんので心配はありません。

授業中に講師が重要だと言った項目を十分に読み、理解していれば回答が可能な簡単な問題ばかりです。ですが、既卒生を含めると毎年20パーセント近くの学生が学科を落としている現状もありますので、決して手を抜かず、最善を尽くすよう心がけて下さい。

実習内容

技術的なものに関しては、真面目に取り組む必要があります。最初のうちは時間の制限や出来映えの悪さに困惑すると思いますが、反復練習を繰り返せば必ず体得する事ができるようになります。

技術に関してはとにかく反復練習が大切になりますので、確かな指導者のもと諦めずに繰り返し練習するよう心がけて下さい。

採点方法

筆記試験に関しては「50問中60パーセント以上の正解率で、各項目でいずれも無得点がないこと」、実技試験では、「衛生上の取り扱いが30点減点、カッティングが40点減点以下、オールウェーブセッティングが50点減点以下であること。」が合格条件です。

実技試験では時間制限も設けられていますので、時間内に基準値以上の作品を残すことが必要になってきます。

仕事体験談