美容室の大型店と小型店の違い

大型店の特徴

上場企業なども美容室を運営していますが、なんといっても福利厚生の充実が一番の特徴です。

有給や厚生年金、労働保険に美容国保にも加入ができたりボーナスの支給があるお店もあります。最近は就労規約もしっかりと作成していたりして、明確な労働条件であることも多いようです。

その他、メーカーやディーラーと共同制作で商材を開発したり、セミナーを行ったりすることもあります。さまざまなチャンスに恵まれ、イベントを運営する側に回ることも将来的にあり得るのが魅力といえるでしょう。

また独立時には支援制度が受けられたりすることや、その後の仕事でネームバリューが付いてきますから、仕事が円滑になることも多いでしょう。

また人脈を豊富に作ることができるのも特徴の一つです。

個人店の特徴

個人店はチェーン展開しているお店と違い、内装等のフォーマットがないため、内装等にこだわりのあるお店が多く見受けられます。

また比較的オーナーとの距離も近いので、直接運営に関わることをプレゼンすることが可能です。もちろんそれが採用されるとお店全体で取り組んだりすることもあり、やりがいを感じることができます。

その他、出店などの機会に恵まれた場合、店舗を管理する役職に就くことができたりすることもあるでしょうし、スタイリストへのステップアップの時、先輩のスタイリストが多過ぎてアシスタントを無駄に長くやらなければいけないという境遇にもなりにくいことが特徴です。

しかし独立した後や、仕事中においても大型店のようなネームバリューが使えないため、本当の自分の魅力や行動力が試されることになります。

どちらが自分に合っているか

人それぞれ将来像が違うでしょうから、どちらが良いとは言いにくいですが、基本的に忙しいお店であればどちらもさほど変わりません。

学ぶべきことをしっかり学び、自分が将来どのような美容師になりたいかを十分に考え、必要な方向へ進めば問題はないでしょう。

ただし、憧れている先輩や代表者がいる美容室で働ければ、モチベーションの維持に繋がりますので、一つの要素として考えるのも良いかと思います。

仕事体験談