美容師の悩みで多いのは何?

アシスタント時代は悩みが多い

美容師のなかでも、とくに新人時代、アシスタントとして働く時期は、さまざまな悩みを抱える人が多いようです。

どのような悩みがあるのか見ていきましょう。

労働時間

労働時間に関してはお店によってさまざまですが、ある程度は我慢が必要です。

新人時代はとにかく目標を早く達成して、いち早くすべての施術に自信を持てるようにしなければ、この悩みから脱出することはできないでしょう。

スタイリストになってからも、仕事の拘束時間に大差はありませんが、仕事ができるとできないとでは心のゆとりがまったく違うため、ストレスのかかり方はだいぶ変わってきます。

給料

会社内で生産性のある重要な人物にならなければ、給料は上がりません。

給料アップを目指すのであれば、とにかく会社の利益になるような人物になること、つまりたくさんの指名客をつけて売上を上げるか、管理職のような責任ある立場になって会社を支えることが重要です。

手荒れ

手荒れは、美容師の職業病ともいえる悩みです。一度荒れてしまうとなかなか完治が難しいようです。

ただし、何でもそうですが、悪くなる前に対処することが大切です。

虫歯にならないように歯磨きをするのと同じで、肌が弱いようであれば油分の補給を怠らないようにして、まず荒れさせないのが先決です。

もし荒れてしまったり、調子が悪くなった場合はすぐに病院で診察を受け、しっかりとした治療やアドバイスを受けたほうがよいでしょう。

腰痛

腰痛に関しても、手荒れと同じことがいえます。

最近では「バックシャンプー」といった腰に負担のかからないシャンプー台が増えたことで比較的楽になってはきましたが、1日中立ち仕事をすることになるため、腰痛がクセになってしまう人も多いようです。

こちらも日頃のストレッチなど運動不足にならないよう心がけ、異常が出る前に予防することが大切です。

もしどうしても痛くて仕事に支障が出るようであれば、病院に相談に行ったり、コルセットを巻いて対応するようにしたほうがよいでしょう。

人間関係

美容師の離職につながる一番の原因または悩みが人間関係といわれます。

美容室では、意外と体育界系の縦社会の風潮が根強く残っています。

また、個々の技量が試される競争社会でもあるため、同期は仲間でありながらライバルにもなります。

ケースはさまざまですが、閉鎖的な空間での人間関係で悩む人は多いようです。

悩み過ぎないことが大事

美容師は、人によってさまざまな悩みを抱えていますが、ここで挙げてきたものの多くは本人にある場合も多いです。

現状がつらかったとしても、悲観しすぎることなく、これも勉強のうちと思って状況を改善するよう努力してみるのがよいかもしれません。

それでも身体に異常が出てきたり、どうしてもうまくいかないようであれば、働くお店を変えるのも手段のひとつです。

一番よくないことは、人間関係のこじれで「美容」そのものを嫌いになってしまうことです。

「美容」を嫌いになると、なかなか仕事に復帰することが難しくなってしまいます。

どうせ嫌いになるのであれば、つらい思いをした美容室や先輩に対して「次のお店以降で見返してやる!」くらいのエネルギーに替えるほうが健全だといえるでしょう。

ただし、人のせいにばかりして自分の努力を怠らないよう、厳しく自分を管理することが重要なのはいうまでもありません。

仕事体験談