美容師は結婚、子育てをしながら働ける?

お母さん美容師の働き方

最近では労働者不足もあり、時間が不自由な子育て中のお母さんを積極的に雇う企業が増えています。

美容業界でも、美容師免許を持ち、それを生かして仕事をする若いお母さんもたくさんいます。

育児中の働き方としては、お店のオープンもしくはお昼前後から18時までなど、保育園や幼稚園で預かってくれる時間に合わせて仕事を切り上げられるアルバイト・パート契約を結ぶケースが多いようです。

ただし、正社員のように十分な福利厚生を受けることは難しく、給料は時給や完全歩合制で働くことが多いようです。

大きな美容室で働いている場合

規模の大きな会社(美容室)で勤めている場合は、育児休暇の制度があることが多いので、まずは会社に申請をすることが必要です。

会社にもよりますが、育児休暇中は働かなくても多少の給料が発生する場合があります。

このほか、事情を説明して決まった時間だけの出勤に切り替えてもらい、その労働に対しての対価を受け取ることも可能でしょう。

ブランクがある場合

子育て中のお母さんのほとんどは、出産前後などに一度現場を離れるため、ブランクが多少なりともあります。

自分で固定客を多く持っている場合には、面貸しでフリーランスとして働ける美容室もあるため、その働き方をするのが最も適しているといえそうです。

面貸しの特徴は、自分の好きな時間に予約を受けることが可能になるため、自分のペースで施術ができ、値段設定も自由にしやすいということです。

ただし、材料費の実費負担やセット面の使用時間で料金が発生する場合など、お店によってシステムが違うため、事前に調べておく必要があります。

自由な時間に仕事をしたい場合

次に、自分の固定客を持っておらず、自由な時間で仕事がしたい場合です。

このような人は「業務委託型サロン」で働くことを考えるとよいでしょう。

業務委託型サロンは、都内や大きな都市には多く存在しています。

業務委託の特徴としては、時間拘束がないことと(業務委託契約は拘束すると違法になります)、お店が集客してくれるため、固定客を持っていなくても入客しやすいことです。

さらに完全歩合制となっているところが多いため、働いた分だけ給料がもらえるというメリットがあります。

仕事は見つけやすい?

子育て中で不規則な働き方しかできないからといって、仕事ができないわけではありません。

とくに美容師は人材不足気味の状態となっており、身近に働き場所を見つけることは、以前に比べれば容易になっているといえそうです。

「キッズサロン」など、子どもをメインにした美容室も増えており、子育て経験がある美容師は、ある程度年齢を重ねてもサロンからの需要はあるようです。

ただし、理想通りの働き方をするには、比較的大きな街のほうが美容室の数が多いことから実現しやすいようです。

仕事体験談