美容師の1日

営業時間に合わせて働く

美容師は、働いている美容室の営業時間に沿う形で仕事をすることになります。

首都圏でも、原宿・青山といった中心地に位置する美容室は、12時前後から22時頃までの営業としている店が多く見られます。

一方、地方や地元に密着したサロンになると、10時前後から20時頃までといったように朝が少し早くなり、夕方には予約を打ち切る店舗が多く見受けられます。

サロンで働く美容師のある1日

09:30 出勤

開店前の30分~60分前には入店。掃除や器具の準備などをします。

09:50 朝礼

スタッフ全員で元気に挨拶し、当日のスケジュールなどを共有します。

10:00 営業開始

開店と同時に予約のお客さまが訪れます。その方の情報を思い出し、コミュニケーションをとりながら満足いくスタイルに仕上げていきます。

14:00 休憩

日によって休憩時間は変わります。予約が立て込むなど忙しい日は、ゆっくりと休憩をとることが難しい場合も。

大手チェーン店などでは確実に1時間ほどの休憩をとれる場合もありますが、これもまた混雑状況によってまちまちです。

20:00 閉店

営業を終了してから店内の掃除やレジ締めなどを行います。

お店の規模にもよりますが、お客さまの対応がすべて終わってから30分から60分程度で掃除やミーティングが実施されます。

21:30 個人練習

全体での動きが終わってからは、新人を中心にお店に残って各施術の練習をします。お店によっては週に数回練習会を開き、スタッフ全員で技術向上のための練習を行います。

23:00 帰宅

帰宅時間は上記のような理由でまちまちですが、自宅に着く頃には日付が変わっている場合もあります。

アシスタントを卒業すると、今度は教育側の立場になり、結果的にずっと忙しい日々を送る人も多いようです。

お客さまとしてお店に行く限りは華やかに見える職業ではありますが、現実は勤務時間も長く、決して楽な仕事ではありません。

もしプライベートや家族の時間を少しでもたくさんとりたいという場合には、入店前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

仕事体験談