美容専門学校の昼間制と通信制の違い

昼間制と通信制の大きな違い

年数

昼間制の場合、「2年間」の通学で一定の基準を満たすと美容師国家試験が受けられます。

一方、通信制は「3年間」の通学が必要で、一定の基準を満たすと美容師国家試験が受けられます。

学費

通信制のほうが学費は安くなっています。通信制では、だいたい昼間制の3分の1、4分の1程度の学費に抑えることができます。

昼間制は学科・実習合わせて「1400時間以上」の履修が必要になりますが、通信制は3年間で「300時間以上(非従事者は600時間以上)」で卒業資格が得られます。

技術レベル

国家試験対策は、昼間制のほうが有利になるでしょう。

週5日の授業の大半を国家試験対策に費やし、専門講師がつきっきりで対策するため、十分な技術と知識が得られやすい環境です。

通信制の場合、多くの学生が昼間には美容室などで働いているため、国家試験用の対策は空いた時間や、300時間という限られた授業内で集中して体得する必要があります。

しかし、国家試験にパスしてからサロンワークに移行すると、通信制でサロンワークを経験していた人の技術レベルは、昼間制と比較にならないほど差がついていることが多いようです。

卒業後の違い

上記で述べたように、現場で技術を学びながら国家試験対策がしやすい通信制のほうが、卒業をして第一線でいち早く活躍すうえでは有利になりやすいといえるでしょう。

しかし、通信制は自宅での勉強が主となり、同期や美容学校の友人を作りにくい環境にあるため、職場以外での交友関係に多少なりとも影響はしてくるようです。

どちらが良いとは言い切れませんが、都内にある有名店では通信制卒業者の採用を控えているところもあるといわれます。

就職先に希望がある場合には、事前に各美容室の採用状況を調べておいたほうがよいでしょう。

仕事体験談