美容専門学校の昼間制と通信制の違い

昼間制と通信制の大きな違い

<年数>
昼間制は2年間の通学で一定の基準を満たすと国家試験が受けられます。一方で、通信制は3年間の通学が必要で、一定の基準を満たすと国家試験を受けられます。

<学費>
通信制の方が安く通う事が可能です。ざっと1/3、1/4程度の学費で抑えることが可能です。

<授業数>
昼間制は学科・実習合わせて1400時間以上が必要になりますが、通信制は3年間で300時間以上(非従事者は600時間以上)で卒業資格が得られます。

<技術レベル>
国家試験対策は、昼間制の方が有利になります。週5日の授業の大半を国家試験対策に費やし、専門講師がつきっきりで対策するため十分な技術と知識が得られます。

逆に通信制は日中美容室などで働いているため、国家試験用の対策は空いた時間や、300時間の授業中に体得する必要があります。

ですが、国家試験にパスした後、サロンワークに移行すると通信制の3年間のサロンワークキャリアは昼間制と比較にならないほど技術レベルの差がついています。

卒業後の違い

上記で述べたように、通信制の方が仕事をする上では有利になりますが、同期や美容学校の友人を作りにくい環境にありますので、職場以外での交友関係に多少なりとも影響はしてくるようです。

そのため、どちらが良いとは言い切れませんが、都内にある有名店などは、通信制の採用を控えているところもありますので、就職先に希望がある方は事前に調べておいた方がよいでしょう。

仕事体験談