20歳以上から美容師を目指す

20歳以上で美容学校へ通いたい方

大学を卒業後、またはフリーターを数年経て美容学校に通う方が増えています。大勢の生徒が18歳で入学してくるので、最初は抵抗があるかもしれませんが、慣れてしまえば問題はありません。

クラスも大学と違い固定されているので、すぐに仲良くなる事もできますし、年上だからといって特別扱いを受ける事もありません。そんな不安は一瞬で消し飛ぶでしょう。

20歳以上で学校に通って遅くない?

これもまた問題はありません。スムーズにいくと2年で免許を取得できます。

例えば22歳から学校に通ったとして、24歳で美容室に就職することができます。ちなみに私は24歳の2005年から美容師をはじめました。独立までに5年もかかりませんでしたので、決してスタートが遅れるということはデメリットばかりではありません。

人生経験が豊富という意味では、他の同期とは違いがあるでしょう。もちろん30歳で免許を取得しても大丈夫です。

問題が全くないというわけではありませんが、技術を学ぶ姿勢があれば、長い美容人生の内の数年と考えれば諦める要素にはなりません。

アシスタントとして採用されるためには若い方が有利ではありますが、大卒者や海外経験者など、その場合に限りませんのでこれからの時代ではスタートが遅いことはハンデにはならないでしょう。

年齢の考え方

日本には年齢で物事を考える古い風習がありますが、美容業界ではとても危険な考えです。年上だから偉いだとか、ある年齢に達したから昇級するということがないからです。

完全実力主義の世界ですので、逆を言えばスタートが遅れて年上なのに年下と同じ仕事をするのは嫌だとか、恥ずかしいと思うということは、考えが古いということとなんら変わりません。

ですから例えスムーズに美容師人生を送れたとしても、年齢とキャリアを比例してみないようにすることが大切です。

仕事体験談