美容専門学校の入学から卒業までの流れ

昼間制の場合

2年間通った後、国家試験を受けることになりますが、カリキュラムは学校によりさまざまで、ここでは1年目と2年目で大きく変わる流れを紹介します。

<1年目>
様々な授業を全員で受けます。メイク、ネイル、ブライダル、着付け、カット、カラー、マナー、アロマ、経営理論などです。一通りのことを1年間で経験し、次の2年目に向けて自分の興味のある分野を絞り込みます。

<2年目>
それぞれ自分の興味のある分野に特化した授業を選択します。そうすることで、ネイル検定取得など卒業後の自分の仕事のスタイルに多少なりとも影響を与えることができるようになります。

選択授業以外は、必須科目もありますので国家試験対策用にそちらも受講します。

夜間制の場合

こちらも2年間通い、国家試験を受けるタイプですが、学校によっては昼間制よりも多少授業内容が簡素化しているところも見受けられます。

<昼間制との違い>
基本的には昼間制と似たような授業内容ですが、一番の違いは夕方からの授業ということで、あまり国家試験以外の項目を受講しないところです。

その分、少ない授業数で卒業が可能なほか、費用も安く抑えられるのでお仕事をしている方や、ご自分で学費を払っている方に人気があります。

通信制

3年間学んだ後、国家試験を受けることになりますが、3年間で300時間(非従事者は600時間)と少ない授業で卒業資格が得られます。

ほとんどの方が美容室で見習いとして働きながら、夕方、もしくは夏期、冬期に学校に集中して通い、必須科目を受講しています。

専門学校のイメージは?

どの学校も、高校のようなスタイル/流れで授業することが多いので、秋は運動会などの催しを開催する学校もあるようです。ですから今まで通った高校で美容を学ぶと考えるとイメージしやすいかもしれません。

仕事体験談