美容師のアシスタントは激務?

アシスタントの位置づけ

アシスタントの時代が大変という噂を良く耳にすると思いますが、噂通り美容師のアシスタントはかなり大変です。

アシスタントは、スタイリストのヘルプ作業がメインになりますが、雑用のような、美容とは直接的な関係のない仕事もアシスタントがメインでこなすことになります。

アシスタントが大変な理由

<誰よりも早く出勤して誰よりも遅く帰る>
アシスタントは技術が身に付かない限り、いつまでもアシスタントで居なければいけません。つまり技術を体得するために朝から練習をして、営業終了後遅くまで練習する事になります。

<手荒れがひどい>
最初の仕事としてシャンプーがあります。1日に何十人ものお客様をシャンプーすることになりますので、どんなに良いシャンプーを使っていても肌が弱い方はお湯で油分を取られ、手荒れが進むことになります。

<給料が低い>
生産性のないアシスタントはとにかく給料が低くなりがちです。少ない所ですと初任給10万円、アシスタントリーダーになっても20万円を下回ることが多いようです。

<お客様と深く関わることが難しい>
どうしてもヘルプ作業に回ってしまうので、長い時間お客様と関わることが難しくなります。話しをするにしても短時間で自分を売り込む技術を体得する必要があります。

もちろん、アシスタントでも十分に関係を築く人もいるのでそれを意識することも一つの勉強と言えます。

<自分が全て担当できないというフラストレーション>
美容師を目指す以上、自分で1から10まで担当したいと思うのは普通なことでしょう。自分の技術が追い付かないために、友人や家族を全て担当できないというのは一つのアシスタントの辛さですね。

アシスタント時代は確かに大変なことが多いのは確かです。

もちろんアシスタントを卒業しても練習や雑用がなくなる訳ではありませんが、喜びの重さがまた一段と変わりますので、是非アシスタント時代を乗り越え、スタイリストの喜びを知って欲しいと思います。

仕事体験談