美容部員の給料・年収

雇用形態によって給料には大きな差が出る

美容部員は、さまざまな雇用形態で働く人がいます。

たとえば、百貨店や駅ビル、ドラッグストアなどの店舗に直接雇用されているのであれば「正社員」「契約社員」「アルバイト」のいずれかとなるでしょう。

また、化粧品メーカー専属の美容部員として雇用されている人も同様に、「正社員」「契約社員」「アルバイト」がいます。

その他、「派遣社員」として派遣会社に登録後、派遣されて各ショップで仕事をする人もおり、その場合は経験や実力に応じて1,200円前後の時給で働く人が多いようです。

どのような企業に、どういった形で雇用されているかによって給料には差が出ますが、一般的には正社員であれば月給20万円から、契約社員であれば月給15万円から20万円、アルバイトであれば時給850円から1,200円程度になることが多いようです。

他の職業と同様に、都心ほど給料が高く、地方都市ほど給料が低くなる傾向があります。

大手化粧品メーカーは年収が高め

正社員のなかでも「店舗マネージャー」「新人教育係」などの肩書がつけば、給料はアップしていくでしょう。

ただし、美容部員の求人は正社員での募集は少ないため、高い給料をもらえるのは一握りの人となるでしょう。

大手化粧品メーカーの正社員になれば、ボーナスの支給も期待でき、年収500万円程度を得ることができるようです。

インセンティブがあるところも

センスや実力があって人気の美容部員になると、メイクのテクニックやカウンセリング能力の高さを信用され、固定のお客さまがどんどん増えていくことがあります。

このような形で顧客数を増やしたり商品の売り上げに貢献したりすることで、「インセンティブ(報奨金)」をもらえることもあります。

正社員以外の働き方であっても、インセンティブをつけている店舗もあります。

美容部員は資格や免許が必要な職業ではなく、また若い人が好まれやすいことから「給料が高い」「生涯安定した雇用が見込める」とは言い難いところがありますが、インセンティブによって、収入をぐんとアップさせることも不可能ではありません。