美容部員の資格

美容部員と資格、スクール

美容部員になるためにはとくに資格を必要としません。専門のスクールで学んだ経験も必要なく、化粧品メーカー各社の求人広告を見ると共通して、学歴欄には「高卒以上」と記載されています。

転職や派遣で応募する場合も、資格や学歴よりも、メイクやスキンケアに強い関心があることや、化粧品・ファッションなどの販売経験の方が強みとなります。

ただし、求人広告に「美容系専門学校を卒業された方歓迎」などと記載されているメーカーも多々あります。

実際には入社してから、そのメーカーならではの知識や技術を一から学んでいくので、スクールで学んだ内容を求められているわけではありません。

専門スクール卒の学歴は、「メイクやスキンケアに強い関心がある」ことの裏付けとして強いアピールポイントになるのです。

さらに、仲間と切磋琢磨しながら修了の日まで毎日学びを続けたことは、美容へのモチベーションやセンスの向上に大きな影響を与えているとして、高い評価の対象になります。

取得しておくと有利な国家資格

美容師免許

美容師免許は美容専門学校などを修了し、国家試験に合格した人が取得できます。

美容専門学校ではメイクの授業があり、まつ毛パーマやまつ毛エクステの施術に美容師免許が必要であることからも、コスメとの密接なかかわり合いが伺えます。

<受験資格>
厚生労働省が指定する美容師養成施設で、昼間及び夜間課程は2年・通信課程は3年以上修学し、必要な学科・技能を修めた者。

美容師の仕事

取得しておくと有利な民間資格

民間が主催している資格や検定であっても、美容やファッションに関するものなら就職に有利になります。

・メイクセラピー検定
・メイクアップ技術検定
・国際メイクアップアーティスト試験
・日本化粧品検定
・カラーセラピスト試験
・接客心理検定 など