何歳まで美容部員として働ける?

化粧品メーカーによって異なる

いつも美しいメイクをし、凛とした雰囲気で店頭に立つ美容部員は、若くなければ務まらない仕事だと思われがちなようです。

しかし、実際には美容部員は20代前半の若い人だけにしかできない仕事ではなく、30代や40代以上の女性も大勢活躍しています。

ただし、何歳まで働けるかどうかというのは化粧品メーカーによって異なります。

40代以上の女性向け商品を扱っているブランドであれば、相応の年齢の美容部員のニーズがあります。

とくに高級ブランドでは若い美容部員よりも、マダムのような落ち着いた雰囲気の美容部員が好まれる傾向にあります。

一方、カジュアルな若者向けブランドであれば、お客さまが萎縮しないよう、できるだけ若くてハツラツとした人を美容部員として採用したいと考えることもあります。

自分の年齢に合わせて無理なく働ける職場は必ずあるため、心配はいりません。

もし年齢を重ねて店頭での勤務が難しくなっても、企業によっては営業や内勤の仕事に移ることも可能なようです。

採用時には年齢制限が

美容部員の求人では、「35歳まで」といったように年齢制限がなされていることが多いようです。

それ以上の年齢の美容部員が活躍している企業でも、これから就職する人の場合、比較的低い年齢でしか採用試験を受験できないこともあります。

就職を希望する化粧品メーカーやブランドがある場合には、気をつけておいたほうがよいでしょう。

未経験者は若いほうが有利

もし、別の仕事から美容部員への転身を考えている場合には、少しでも早く踏み出すほうがよいかもしれません。

それというのも、美容部員は中途採用の場合、経験を重視されることが多く、30代を超えてくると「経験者のみ」とする企業もしばしば見受けられるからです。

まだ若ければ未経験でも採用される可能性はあるため、できるだけ早いうちに転職を決意するほうがよいでしょう。