美容部員の面接、自己PR

採用試験では面接が実施される

百貨店の入口を入ると、化粧品売場にかっこよく立っている「美容部員(ビューティーアドバイザー)」は、女性が憧れる花形職業のひとつです。

しかし、いざ美容部員を目指す時に気になるのは、採用試験の内容でしょう。

多くの化粧品メーカーでは筆記試験の後に面接が行われます。

美容部員は接客業であるため、どれだけ勉強ができる人であっても、面接官から「人間性がともなっていない」「うちの会社には合わない」と判断されてしまえば、不合格になる可能性があります。

ここからは、そんな面接の内容にクローズアップしてみましょう。

面接時の服装&メイクについて

美容部員は一見、スタイルが良くてきれいな人ばかり採用されているように見えますが、実際に求められているのはそのメーカーの「ブランドイメージに合う人」です。

採用担当者に「この人は当社の制服やメイクが似合いそうだ」と思わせることができれば、面接が成功する確率が上がるでしょう。

服装は制服をイメージさせ、礼儀正しい印象を与えるスーツが最適です。

カチッとしたタイプより、フェミニンなスカートスーツを選ぶとよいといわれています。

メイクは派手すぎず、あくまでナチュラルにしておきましょう。

好きなブランドだからといって、そのメーカーの最先端のメイク用品を駆使すればいいというものではありません。

志望先の会社のブランドコンセプトやイメージをよく研究したうえで、接客に向く、優しいイメージをアピールすることが大切です。

面接でよく聞かれること

どこの企業でも必ず聞かれるのが志望動機です。

なぜ美容部員として働きたいのか、仕事にかける意欲や意気込みをしっかり伝えられるよう、答えを準備して面接に臨みましょう。

ただし、原稿を読むような棒読みにならないように注意が必要です。

また、そのメーカーやブランドのどこに関心を持っているかも評価されやすいため、下調べしておくことが肝心です。

自己PRの考え方

面接では、効果的な自己PRをすることも合否を左右する要素となるでしょう。

自己PRには2つの方向性があります。

まず、自分が即戦力として活躍できることをアピールすること。

専門学校などで学んだり資格を持っている人は、そのスキルを身に付けるまでの経緯や、仕事に就いてからそのスキルをどのように生かしていきたいと考えているかをアピールしましょう。

もうひとつの方向性は、自分は将来有望であるということをアピールすること。

スキルや経験はなくても、「根性がある」「接客が好き」「人をきれいにしてあげるのが好き」といった、将来的に仕事に役立つといえる自分の個性や強みは、立派な自己PRになります。

過去のエピソードを交えながら、自分の言葉で伝えましょう。