美容部員の雇用形態

化粧品メーカーの社員になる場合

美容部員の働き方としては、大きく分けると「特定の化粧品メーカーに就職する」場合と「百貨店や駅ビルやドラッグストアのような特定の店舗に就職する」場合の二つに分けられます。

まずは、特定の化粧品メーカーに就職するケースです。これは、「資生堂」や「コーセー」「カネボウ化粧品」のような、いわゆる大手の化粧品メーカーが、自社製品を扱うスペシャリストを育てるために募集をかけます。

採用されれば、そのメーカーの商品を扱う売り場に派遣されて店頭に立って販売に携わることになります。

こうした働き方の場合は、特定の化粧品メーカーのPRだけを担当すれば良いので、自社製品の知識の習得やメイクのテクニック磨きに力を入れやすいという一面はあります。

一方で、担当する店舗を変わることがあるので、スタッフやお客さまとの人間関係の構築に苦労する場合もあるようです。

特定の店舗の社員になる場合

もうひとつの働き方は、百貨店や駅ビルやドラッグストアのような特定の店舗に就職するケースです。

これは、あくまでも「化粧品売り場の担当」というスタンスなので、特定の化粧品メーカーのPRを担当するのではなく、さまざまな化粧品メーカーの商品を平等に販売することになります。

扱う化粧品の種類が多いので商品を覚えるのに苦労する一方で、お客さまのニーズに合わせてさまざまな選択肢のなかから商品をおススメできるという楽しさがあるのが大きな特長です。

正社員からアルバイトまで

化粧品メーカーに採用される場合も、特定の店舗に採用される場合も、雇用形態はさまざまです。どちらかと言うと正社員になれる人は少数で、契約社員やアルバイトでの採用が多いようです。

ただし、契約社員やアルバイトでも、顧客が多さや売り上げに大きく貢献していることが認められて正社員に雇用されることもあります。