美容部員の研修

美容部員の新人研修

美容部員として働くために、まず乗り越えなくてはならない壁が「研修」です。

化粧品メーカーに就職すると、ほぼ確実に新人研修が実施されます。

そこでは現場に出る前に、商品知識をはじめ、スキンケアやメイクの方法、そして接客などについてみっちりと指導を受けていくことになります。

研修があることで、未経験者でも美容部員としての仕事をスタートできるところは良い点だといえますが、研修が思ったよりもきつく、なかにはそこで脱落してしまう人もいるようです。

新人研修の内容

美容部員の新人研修は、企業によって異なりますが、2週間程度から数ヵ月程度の時間をかけて行うところが多いようです。

研修所にカンヅメになって、朝から夕方までひたすら研修を受けるのが一般的です。

化粧品メーカーには数多くの商品があり、それら一つひとつについて名称や成分、価格、特徴、オススメポイントなどをすべて頭に叩き込むだけでも大変なことです。

さらに、皮膚構造についてなど専門性の高いことも学んでいきます。

もちろん正しいスキンケアの方法や、メイクのテクニックも習得しなくてはなりません。

美容部員が行うメイクは、「肌をきれいに見せる」「年齢にふさわしいメイクをする」といったことを重視し、単なる流行のメイクというわけではありません。

それまで自己流でやっていたメイクとはまったく違うやり方を指導され、とまどうこともあるでしょう。

このほか、接客のロールプレイングもよく実施されます。

美容部員として売上アップにつなげるために、トーク力やヒアリング力を高めることが求められます。

働き始めてからも定期的に研修がある

美容部員の研修は、新人研修を終えてからも続きます。

新商品が出ることになれば、その商品に関するレクチャーが行われますし、接客のロールプレイングも定期的に受けなくてはならないメーカーが多いようです。

華やかに見える美容部員ですが、裏では勉強を続けなくてはならなかったりと大変な面も多々あります。

なお、研修は外資系化粧品メーカーよりも、国内化粧品メーカーのほうが時間をかけて行われることが多いようです。