弁理士の役割

知的財産の権利化を行う専門家

弁理士のおもな役割は、特許などの知的財産権を法律に基づいた手続きに従って権利化することです。

世の中の企業等では、日々新たな技術開発や製品開発がなされていますが、そこで生まれた発明を独占できるのが「特許権」という制度です。

企業においては、新たな発明によって自社のビジネスが大きく成長することもあるため、他社に簡単に使われたり真似できないように特許を取得します。

他にも、物の外観に関するデザインは「意匠権」、会社のロゴマークのような文字や図形、記号などは「商標権」、物品の形状や構造などに関する考案は「実用新案権」といい、それぞれ権利化のためには細かな規定があります。

手続きの過程では、専門知識を要する膨大な書類の作成など煩雑な手続きが必要となるため、知的財産の専門家である弁理士が発明者の代理人としての業務を担っています。

広がる弁理士の役割

多くの弁理士は特許事務所に勤務していますが、そのお客さまは企業だけに限りません。個人の発明家と直接やりとりすることも多くあります。

また、近年ではその仕事内容も広がりを見せており、代理人としての業務に留まらず、知的財産全般のコンサルティングや紛争処理などまで携わるようになっています。

また、弁理士の活躍の舞台は日本国内だけに留まりません。

たとえば、海外での権利化を目指す企業や発明家のサポートや、逆に海外企業が日本で権利化を目指す際のサポートなどのニーズも高まっており、語学力を駆使してグローバルな視点で働く弁理士も増えています。

企業内弁理士の役割

メーカーを中心とする大手企業では、自社内に知的財産に関する業務を扱う部署が置かれており、弁理士の活躍の場のひとつとなっています。

彼らは自社の商品の特許化などに関連するさまざまな業務に携わっています。研究開発部門などの他部門とコミュニケーションをとる機会も多く、より実際の製品と近いところで働けるといった特徴があります。