弁理士の仕事内容

特許庁への手続きの代理人 弁理士の多くは特許事務所で働いています。特許事務所の弁理士の仕事内容として最も代表的なものを挙げると、特許や意匠といった「知的財産」を権利化する際のサポートをすることです。 知的財産の権利化には … 続きを読む

弁理士の役割

知的財産の権利化を行う専門家 弁理士のおもな役割は、特許などの知的財産権を法律に基づいた手続きに従って権利化することです。 世の中の企業等では、日々新たな技術開発や製品開発がなされていますが、そこで生まれた発明を独占でき … 続きを読む

弁理士の魅力

自己の裁量で仕事ができる 弁理士という職業は、多くの仲間と協力して働くというよりは、自分が持つ法律や技術の知識と経験を生かして働く仕事です。 もちろん、新人のうちや難しい案件が発生した際などは上司や同僚に相談することもあ … 続きを読む

弁理士の一日

弁理士の1日 弁理士の多くは特許事務所、もしくはメーカーを中心とする企業の知的財産部門で働いています。 特許事務所の弁理士が企業の担当者や個人発明家をお客さまとするのに対し、企業内の弁理士はおもに自社の特許や商標等の取得 … 続きを読む

弁理士の活躍の場

特許事務所 弁理士の活躍の場はいくつもありますが、そのうち最も代表的なのが特許事務所です。特許事務所の弁理士は、企業の知的財産関連部門の担当者や個人の発明家をお客さまとしています。 ただし、一口に「特許事務所」といっても … 続きを読む

弁理士と弁護士の違い

弁理士は知的財産分野の専門家 「弁理士」と「弁護士」、名前は似ていますが、その役割や日常の仕事内容には大きな違いがあります。 弁理士は、新たな発明やデザインなどの「知的財産」に関する専門家です。 大切な知的財産が他人に勝 … 続きを読む

弁理士のやりがい

特許の取得が成功した時 弁理士が大きなやりがいを感じるのは、お客さまにとって有用な特許が取得できた瞬間です。お客さまとは長い時間をかけて二人三脚で特許取得を目指していくため、成功した時にはまるで自分のことのように喜びを感 … 続きを読む

弁理士の大変なこと、苦労

期限に追われる仕事 弁理士が発明者の代理人となって行う出願業務では、それぞれの手続きの段階で細かく期限が決められています。 たとえば、申請内容が認められずに「拒絶理由通知」が届いた場合には、内容を再検討して意見書や補正書 … 続きを読む

弁理士の現状と将来性

国際出願の増加 近年、各企業は長引く不況によって特許等の出願手続きを特許事務所に依頼せず、社内で完結させているケースが多くなっています。 特許事務所が活躍の場の中心となる弁理士にとっては厳しい状況ともいえますが、その中で … 続きを読む