弁理士の勤務時間・休日

勤務時間

弁理士の代表的な職場としては特許事務所や一般企業の知的財産部門がありますが、いずれの場合も各職場の勤務規則に従って働きます。

勤務時間は午前9時〜9時半から17時半〜18時頃までとなっている職場が多く、実働は7.5〜8時間程度です。中にはフレックスタイム制や裁量労働制をとっている職場もあります。

休日・休暇

一般企業で働く弁理士は、基本的に土日祝日の休みとなります。特許事務所の場合も特許庁の休日と合わせ、いわゆる「カレンダー通り」で営業している事務所がほとんどです。

代表的な休暇としては有給休暇のほか、夏季休暇や年末年始休暇、慶弔休暇、出産休暇、リフレッッ種休暇、介護休暇等がありますが、その内容は職場によって異なります。

仕事が終わらなければ残業や休日出勤も

残業の有無は、時期や業務量などによって大きく異なります。大手事務所だから必ず忙しいというわけではなく、中小の事務所でも仕事が次から次へと大量に舞い込むようなところでは、なかなか定時で上がれないこともあります。

また、緊急対応や急ぎの出願案件があれば夜遅くまで働いたり、休みの日に出勤することもあります。出願手続きはそれぞれの過程で期限が決められているため、必ず間に合うように進めていかなければなりません。

特許の申請は時間との勝負ということもありますし、経験が浅いうちはどうしてもひとつの業務に時間がかかってしまい、残業をせざるを得ないこともあるでしょう。

ただし、特許事務所等で働きながら予備校やスクールに通って弁理士試験合格を目指す人も多く、その場合は残業をしないように配慮してくれることも多いようです。