弁理士の活躍の場

特許事務所

弁理士の活躍の場はいくつもありますが、そのうち最も代表的なのが特許事務所です。特許事務所の弁理士は、企業の知的財産関連部門の担当者や個人の発明家をお客さまとしています。

ただし、一口に「特許事務所」といっても、その規模は百名以上の大きな事務所からわずか数人の小さな事務所までさまざまであり、事務所によって対象とするお客さまや仕事内容は異なります。

一般的に、大手の事務所では特許や商標、意匠などの知的財産全般を扱いますが、内部での業務は細分化されていることが多いです。また、お客さまは大手企業が中心となり、個人の発明家を相手にすることがほとんどないところもあります。

一方、小さな事務所の場合は大企業だけでなく、中小企業や個人の発明家をお客さまとするケースが多くなっています。中には商標だけ、意匠だけといった形で特化している事務所もあります。

また弁理士資格を持った一人の代表者に加え、事務担当のアシスタントのみで運営する個人事務所も少なくありません。

一般企業内の知的財産関連部門

メーカーを中心とした企業では、新製品開発にあたって知的財産の権利化がビジネスで重要な役割を果たすため、社内に知的財産関連部署を設けていることが多く、ここも弁理士の活躍の場のひとつとなっています。

おもな仕事内容は自社の研究開発成果の特許化に関連する業務のほか、経営戦略に関わる業務にも携わるなど、外のお客さまのために仕事を行う特許事務所の弁理士とは役割が少々異なっています。

なお、企業の知的財産関連部門では、他部署から異動した社員が業務上必要となって弁理士資格をとることもあれば、弁理士資格を持つ人材を外から採用することもあります。

技術移転機関(TLO)

大学や研究機関で行われる研究成果について、産業化を目的として他の企業等に移すことを「技術移転」といいます。

技術移転機関は研究機関と企業の橋渡し的な役割をする場所で、知的財産の活用を専門的な立場でサポートできる弁理士も大いに活躍しています。近年、技術移転機関は設立数が増えており、弁理士の活躍の場として今後さらに伸びていくフィールドといわれています。

法律事務所

法律事務所の中には、弁理士が得意分野とする侵害訴訟やライセンス契約などを扱うため、弁護士に加えて弁理士を在籍させているところもあります。

知的財産の国際競争が進み、日本国内のみならず、欧米の提携事務所で学ぶ弁理士もいます。

独立して事務所を開く人も

ベテラン弁理士の中には、独立して個人事務所を開業する人もいます。

しかし、1から10までのことを独力でやっていくのは難しいため、何年も特許事務所や企業で弁理士としての経験を積んだのち、ようやく独立する人がほとんどです。