弁理士の一日

弁理士の1日

弁理士の多くは特許事務所、もしくはメーカーを中心とする企業の知的財産部門で働いています。

特許事務所の弁理士が企業の担当者や個人発明家をお客さまとするのに対し、企業内の弁理士はおもに自社の特許や商標等の取得に向けて動いています。では、それぞれの場所で働く弁理士のとある1日の過ごし方をご紹介しましょう。

特許事務所で働くとある弁理士の1日

08:30 出社
メールチェックと1日の予定確認からスタート

08:50 朝礼

09:00 業務開始
特許庁へ提出する明細書や意見書の作成が中心。でき上がった書類は上司のチェックを受けます

12:00 昼休憩

13:00 業務開始
引き続き書類作成。お客さまからメールや電話で質問や相談が入れば随時対応します

14:00 お客さまと打ち合わせ
先輩と一緒に新規依頼案件についての打ち合わせに参加します

16:30 社内ミーティング
法改正や技術に関する情報共有です

18:00 退社
仕事後に学校に通う日は残業をせずに上がらせてもらいます

19:00 弁理士の学校へ
週に3日通学中

22:00 帰宅

メーカーの知的財産部門で働くとある弁理士の1日

08:30 出社

08:45 業務開始

09:00 部内ミーティング
午後、他部門と新製品の特許取得についての打ち合わせがあるため、まずは部内で開発スケジュールに基づいた特許出願の予定を組みます

12:30 昼休憩

13:30 業務開始
先行技術調査や出願書類の準備を行います

15:00 打ち合わせ
研究部門や企画部門と合同の打ち合わせ。午前中の部内ミーティングでまとめた内容を共有します

17:00 特許事務所に連絡
出願手続きは外部の特許事務所に依頼することもあります。担当弁理士とは進行状況について頻繁に連絡をとります

18:30 退社
大きな出願があると残業をすることもあります。メリハリをつけて働いています

19:30 帰宅