法科大学院入学のための予備校

法科大学院(ロースクール)入学のために

法科大学院(ロースクール)に入学するための講座や、模擬試験を実施している学校があります。

大学受験の時に大学受験予備校と同じように、司法試験受験のための「司法試験予備校」があり、それらの学校ではロースクール入試のための対策も行っています。

ロースクール入試のために必要だと思えば、上手に利用するとよいでしょう。

司法試験予備校で学ぶ

全国展開している大手の予備校としては、辰巳法律研究所、伊藤塾、Wセミナー、LEC東京リーガルマインドの4校があげられます。

各校により、開講されている講座や価格に違いがありますのでよく比較をしてみることが大切です。

無料で講座の動画を公開している学校や、講座のサンプルMDを郵送してくれる学校もあるので試しに受講してみるとよいでしょう。

資料を請求すると特典があったり、いろいろな情報が得られるので、気になる学校に資料請求してみてください。

法学部のある大学では、学部生向けに学校独自のスクールを開いている場合もあります。自分の大学にそのような講座がないか調べてみてください。

法学未習者向けの講座

司法試験予備校の講座内容ですが、法学未修者向け(法学既修者も必要ですが)の講座として、適性検査、小論文があります。

適性検査は統一されたものなので、過去問を解いてみて必要だと思えば予備校の講座を利用するとよいでしょう。

小論文は、各法科大学院によって傾向が違います。必ず志望校の過去問を研究した上で、それにあった講座を選んでください。

場合によっては、司法試験予備校以外の講座が適しているかもしれません。

適性検査用の講座、小論文用の講座、それぞれ単独、セットなどいろいろな受講コースがあるので自分に必要な講座を受講するとよいでしょう。

過去問を解いて独学で大丈夫と思えば、模試だけ利用してもよいと思います。

法学既習者向けの講座

既修者として合格したい場合、法律試験のできが大きなウエイトを占めます。

各予備校の法律系の講座は司法試験用のものと同じものがほとんどです。独学が難しい場合はそれらの講座を受講するとよいでしょう。

法律既修者の場合、講座は受講しなくても、模擬試験、答練(答案練習会)は多くの人が利用しているようです。

近くに予備校がない場合

司法試験予備校は、サテライト校を含めても都市部にしかありません。しかし、WebやDVDなどで受講できるコースが多くあります。

一人で勉強しているとつい受講ペースが乱れるものですが、スケジュールの計画作りや管理を手伝ってくれる学校もあるので利用するとよいでしょう。友達ゼミを開き、一緒に勉強してもいいかもしれません。

通学範囲に予備校がある場合でも、時間節約のため通信や自宅での受講を選択する人もいます。