弁護士吉成 安友さん

1973年生まれ大分県出身。1996年早稲田大学法学部卒。2005年に司法試験に合格後、法律事務所勤務を経て、2010年1月にMYパートナーズ法律事務所を設立。

座右の銘:Amor fati(運命愛)

HP:MYパートナーズ法律事務所 / 弁護士吉成安友のブログ / 弁護士吉成安友の企業法務ブログ / 弁護士吉成安友の離婚ブログ

これまでの経歴を教えて下さい。

大学卒業後は、いろいろな仕事をしましたが、社会人入試や大学院入試などの指導を中心とする予備校の講師が一番長かったですね。今と違ってロースクールに行かなくてもよかったので、仕事の合間に司法試験の勉強をしてました。

試験は何度も受けましたが、試験直前だけしか勉強してませんでした。やはり、そんな甘いものではなく、なかなか通りませんでしたね。それでも、最後の一年はなんとか時間を取って一年を通じて勉強し、結果として合格することができました。

司法試験合格後、1年4ヶ月の司法修習を経て、比較的大きな法律事務所に入りました。その後、今の事務所を友人と2人で立ち上げて現在に至ります。

司法試験の勉強で大変だったのはどのあたりですか?

司法試験の勉強を始めたとき、「あ〜、こんなに覚えることあるんだ。」と憂鬱になりました。僕は記憶力があまりいいほうではないので・・・。それでしばらく、暗記することに苦労しましたね。

でも、司法試験というのは暗記さえすれば合格できるというものではなく、理屈を理解したり、論理を把握することが大切なんです。そのことに気がついてからは、今まで覚えられなかったことも、すっと頭に入るようになりました。

あとは試験がハードでしたね。3時間半のマークシート試験に通ると、今度は各2時間ずつの論文試験を6科目2日間で受けることになります。さらに、当時は、口述試験という面接形式の試験もありました。

そして、実はそれ以上に大変な試験が、司法修習の最終試験。丸一日ぶっ通しの試験が丸5日続くんです。落ちてしまうと資格は与えられず、再試験は次の修習生の試験まで待って一緒に、ということになってしまうので、気が抜けませんでした。

吉成さんは弁護士になられましたが、裁判官や検事になる人はどんな人ですか?

司法修習では、裁判官や検事希望の人も共通なので、僕も取調べの講習などを受けましたが、僕には弁護士が合っている気がしました。

裁判官は、比較的若くて成績優秀な人がなるという雰囲気があって、検事は「検事をやりたい!」という強い希望をもった人がなるというイメージでしたね。検事の人気は、以前はそれほど高くなかったようですが、ドラマ(「HERO」)の影響か、志願者が増えたみたいです。