弁護士の一日

多くの仕事を並行して行う

ここでは、弁護士事務所に勤務する弁護士の一日について説明します。

事務所にもよりますが、厳格な出勤時間は決められてないことが多いです。一般的には、企業などよりは、少し遅めに仕事が始まるかもしれません。

ただそれも依頼者の打ち合わせや、裁判の時間など、その日の仕事内容により出勤・帰宅時間は変わります。

ドラマのように一つの仕事に専念するのではなく、多くの仕事を平行して行っているのが普通なのでかなり多忙です。

次に具体例をあげますが、事務所での仕事の合間にも電話が入って対応したり、裁判所での待ち時間も、関係する書籍を読んだり、簡単なメモ書きをおこなったり、隙間の時間も仕事をしていることが多いです。

一日の具体例

9:30

事務所に出勤その日の仕事を確認する

10:00

事務所で予約されていた法律相談に応じる

11:00

法律相談終了後、相手側への書面を作成 その他事件の事務処理を行う

12:40

同僚の弁護士と事務所近くの食堂で昼食

14:00

事務所から車で10分ほどの裁判所へ移動して民事裁判
終了後、弁護士会の会館へ移動メールボックスをチェックと資料探し

15:30

事務所に帰り、2件の裁判について判例など調べながら起案

17:30

クライアントと打ち合わせ

19:00

少し休憩をしてから21時頃まで事務作業など行った後に帰宅

外出する機会も多い

上記は事務所で過ごすのが多かった日の例ですが、日によっては裁判所へずっと出ていることもあります。

裁判所に出かける機会が多いので、その地方の裁判所へのアクセスが便利な場所に多くの弁護士事務所があります。

近くの裁判所だけでなく、車で何時間もかかかる裁判所に出かけることもありますので、そんなときは事務所で過ごす時間はほとんどなくなります。

その他の仕事として、自分が所属する弁護士会の研修や会議などもあります。

また、事務所を自分で運営している場合、事務を手伝ってもらっている事務員さんのケアも必要ですし、広告宣伝や経理処理など経営に関わる仕事も増えてきます。