バスケットボール選手の現状と将来性

bjリーグの場合

バスケットボールのプロリーグとしては、男子の「bjリーグ」があります。2005年(平成17年)11月に開幕し、現在、北は「岩手ビッグブルズ」から南は「琉球ゴールデンキングス」まで21チームが参加しています。

各チームは、15人以内でプロ選手契約を結べることになっています。2012-2013年のシーズン終了時点で、外国人選手も含めてリーグ全体で約250人がプロのバスケットボール選手として契約しています。

NBLの場合

男子の「日本バスケットボールリーグ(JBL)」は、2013-2014年のシーズンから、新たに「ナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)」に移行します。

参加する12チームには、7チームがプロチームで、5チームが企業チームとなっています。プロチームは、選手全員がチームとプロ契約を結ぶプロ選手です。

一方、企業チームには、個人的にプロ契約を結ぶ選手も誕生するかもしれませんが、大半は会社の仕事もしながらプレーする社員選手と、会社員としては仕事をする必要のない嘱託契約の選手たちです。

WJBLの場合

女子の「WJBL」は、2013-2014年のシーズンは12チームが参加予定です。現在、プロ契約を結んでいるのは、「JX-ENEOSサンフラワーズ」の大神雄子選手だけです。

過去にも、「富士通レッドウェーブ」とプロ契約を結んでいた矢野良子選手しかいません。他の選手は企業チームの社員選手だったり、会社の仕事を免除される嘱託契約を結んだ選手たちです。

男子2リーグの一本化が大きな課題

現在のbjリーグは、もともと、日本バスケットボール協会から2チームが脱退して発足しました。そのため、bjリーグとは別に、トヨタや東芝、日立といった企業チームが参加する「NBL(旧JBL)」もリーグ戦を開催しています。

しかし、日本でのバスケットボールの人気度を考えれば、男子だけで2つのリーグが共存するのは難しいことです。

実際、プロチームには、有力なスポンサーが見つからず、金銭面で苦労しているところが少なくありません。将来的に一つのリーグに一本化され、バスケットボールを愛する人々が一致団結をして、日本のバスケ界を盛り上げていくことが大きな課題となっています。