バスケットボール選手に向いている人、適性

プロ選手の自覚をもって努力を続けられる人

野球やサッカーも同じですが、プロの世界というのは実力本位です。実力不足とみなされば、シーズン途中でも契約を打ち切られることがあります。また、バスケットボールは接触プレーもある激しいスポーツですから、故障やケガも少なくありません。

プロ選手として長く活躍するには、心・技・体の全てにおいて努力し続ける根気とノウハウが必要です。常に新たな知識を求めながら心と技を磨き、体も鍛えていく。

そして、コンディションをしっかり整える習慣を身につけなければ、第一線で活躍し続けることは難しいでしょう。

プロとして長く活躍できる選手は、豊かな才能に恵まれながら、なおかつ、その才能を開花させるため、コツコツと努力のできる人です。

パイオニア精神で頑張れる人

日本のプロバスケットボールは、bjリーグが2005年に開幕したばかりで歴史が浅いです。また、NBLは、2013年から新制度になったところですし、女子のWJBLも含めて、今後とも制度が変わっていく可能性があります。

プロ選手になっても、「将来、どうなっていくのだろう」という不安がつきまとうかもしれません。

また、マスコミやファンの間でも、年俸が1000万円以上というのは一握りの選手で、多くの選手が数百万円といわれています。「結婚したら」、「子供ができたら」と考えると、現役選手としての先行きにも不安はあるはずです。

しかし、未来に向けて、日本のプロバスケットボール界を担っていくのは、まさに現役のプロ選手たちです。

それだけに、金銭面より大好きなバスケットボールができて幸せという気持ちと、新しい時代を切り開いていくパイオニア精神を持ちながらプレーできる選手が、今のバスケットボール界には適しているのかもしれません。