バスケットボール選手のシュート練習

シュートのイメージトレーニング

バスケットボールは、シュートを決めることで得点を重ねていくスポーツです。試合に勝つためには、とにかく多くのシュートを決めなければなりません。

そのシュートの練習法としては、すでに、多くの方法が知られています。

バスケットボール選手なら、シュートのフォームから指や手首の使い方、相手選手に当たり負けない強い体作り、「絶対に入ると思うこと」といったメンタル面など、日々、さまざまなトレーニングに取り組んでいるはずです。

もちろん、それらの練習を続けることは大切ですが、ここでは、イメージトレーニングについて紹介したいと思います。

シュートの軌道をイメージする力が大切

バスケットボールで、シュートを決めるため、とても重要なことの一つに「軌道のイメージ力」があります。

つまり、シュートを打ってからゴールに入るまでの軌道(放物線)をできるだけ強くイメージできるか、という問題です。

シュートを打つ時には、誰でも、ボールを持って構えます。

その瞬間、シュートを打ってからゴールに入るまでの軌道を実際に描きます。その軌道のイメージが強く描ければ、その後に放ったシュートが、その軌道の通りに放物線を描き、ゴールに決まる確率が高くなるといわれています。

練習は、軌道をイメージするだけ

練習法は、とても簡単です。

シュート練習をする時、シュートを打つ直前にボールの軌道をイメージします。それを習慣にして繰り返し、軌道のイメージを強く描けるように訓練します。

イメージトレーニングですので、ボールをもたなくても練習できます。たとえば、コート上をランニングしている時、パッとゴールを見て、その場所からゴールまでの軌道をイメージします。

床に座って休んでいる時でも、パッとゴールを見て軌道をイメージすることはできます。

どこでも練習できる

家でも、練習できます。

部屋にいる時でも、たとえば、パッとゴミ箱を見て、その場所からゴミ箱までの軌道をイメージします。床に寝ていても、天井の隅をパッと見て、その場所からの軌道をイメージすれば、それがシュート練習になります。

街を歩いていて、信号待ちの時も、その場から信号までの軌道をイメージします。安全にだけ気をつければ、どこでもシュート練習ができます。