バスケットボール選手の怪我

ケガや故障に悩む選手が多い

バスケットボール選手にとって大変なことは、やはりケガや故障をすることです。

もちろん、選手それぞれ悩みや苦労はいろいろあるでしょうが、大きなケガや故障をすると練習もできなくなります。

じっさい、プロ選手ばかりか、中学生や高校生にも、ケガや故障に悩んでいる選手が少なくありません。

バスケットボールはスピード感があり、相手との接触もある激しいスポーツです。そのため、ケガをしやすく、ケガや故障は多くの選手に共通の悩みとなっています。

膝痛や疲労骨折は日頃の予防が大事

バスケットボールの場合、ケガや故障で多いのは、捻挫や突き指、肉離れ、膝痛、アキレス腱の痛み、足の疲労骨折などです。

捻挫や突き指は、プレー中、突発的に起こるもので、避けることは難しいかもしれません。それに対して、膝痛や疲労骨折は、日頃のケアをしっかり行うことで防ぐことで避けることも可能といわれています。

バスケットボールは、ジャンプや急停止を繰り返したり、それなりの距離を走りますので、もともと膝や足への負担が大きなスポーツです。

これを毎日のように繰り返していると、ついには膝まわりの骨や腱、筋肉、それにアキレス腱や足の骨などが悲鳴をあげます。

痛みのサインをキャッチして対処する

膝は、ある日、突然に悲鳴をあげるわけではありません。毎日の負担が、少しずつ重なった結果です。

悲鳴をあげる前に、必ずサインを出しています。それが、膝の違和感だったり、ちょっとした痛みだったりします。

しかし、現実には、違和感があったり、少しの痛みがあっても、放っておいたり、冷やす程度という人が多いようです。

「これぐらい大丈夫だろう」と思ったり、「痛いなんて言っていられない」と、痛みをおしてがんばる人もいます。しかし、膝のサインを無視してがんばると、後で取り返しのつかないことになりかねません。

膝やアキレス腱、足に違和感があったり、少しでも痛みがあれば、練習を休んだり、専門医や整体院などで診てもらうことです。早めに対応すれば、症状の悪化を防ぐこともできます。

自分でマッサージをする習慣をつける

また、膝やアキレス腱、足への負担は、その日のうちに和らげておくことも大切です。毎日、時間をみつけて、ヒザ周りやふくらはぎ、アキレス腱、足の裏を自分でマッサージしたり、ストレッチングをしておきます。

とくに、マッサージをして痛い部分や筋肉が固まっている部分はていねいに行い、筋肉をやわらかくしておきます。足の指を一本ずつグルグル回すのも、足への負担を和らげる効果があります。

小学生、中学生のうちから、膝痛や疲労骨折を防ぐケアを習慣にしておくと、ふだんから自分の体に敏感になりますから、コンディションの維持も上手になります。