プロ野球選手になるには

「ドラフト会議」での指名を目指して

プロ野球選手になるには「ドラフト会議」で指名されなければなりません。各球団のスカウトマンは日々全国の高校や大学の野球部をチェックし、有望選手発掘のため目を凝らしています。

つまり「スカウトの目に留まること」が、プロ野球選手になるためにはとても大切なのです。

スカウトの目に留まるには

野球の名門高校には全国のリトルリーグや中学で活躍した選手が入学するため、スカウトも必ずチェックしています。ですので、確実にスカウトの目に留まるためのひとつの方法としては、甲子園出場常連校に入ってレギュラーポジションをとることが挙げられます。

特別に足が速い、肩が強い、長距離ヒットが打てるなどの特徴があれば、ドラフト候補としてピックアップされるでしょう。甲子園に出られなくても、飛び抜けた素質や実力がある選手はマークされます。

そのまま大学へ進み、さらに鍛えてからドラフト指名を目指す人もいます。あまり名の知れない地方の大学でも、高校野球と同じく活躍することでスカウトの目に留まる可能性があります。

プロテストを受ける

そのほか、各球団が毎年秋ごろに実施する「プロテスト」を受ける方法があります。これは自分で応募し、1次試験では身体検査や体力テスト、2次試験で打撃や守備、ピッチング等を行います。

年齢制限などいくつかの応募資格をクリアしていれば誰でも受けられるため、合格率は低め。しかし、スカウトの目に留まらなくとも自分をアピールできる絶好のチャンスです。このテストに合格すれば、その年のドラフト会議で指名され、入団が決定します。

独立リーグやクラブチームから

近年、全国各地に増えているのが「独立リーグ」です。独立リーグ在籍の選手は、シーズン中は給料をもらいながら試合をし、オフは地元企業で働きながら練習するのが通例です。プロ野球球団には「育成枠」があり、独立リーグの選手を育成ドラフトで指名することも多くなっています。

また、社会人の「クラブチーム」からドラフト指名される場合もあります。ほかにも、アメリカのルーキーリーグでの活躍がスカウトの目に留まることも。ドラフト会議というと「高校野球での活躍」のイメージが強いですが、決してそれだけがプロ野球選手になるための方法ではありません。