プロ野球選手の魅力

子どものころの夢を実現できたこと

日本の野球少年の夢は、たいてい「高校野球で甲子園に出場すること」と「プロ野球選手になること」です。

プロ野球選手になるということは、その夢の一つを実現させたことになります。大好きな野球を仕事にしてお金を稼げることが、プロ野球選手の最大の魅力でしょう。

高校野球選手の登録人数をみると、だいたい1学年5万人前後となっています。そのうち、プロ野球選手になれるのが30人〜60人、1軍で活躍できるのが10人〜20人ほどです。

プロ野球選手になれるのが約1,000人に1人、1軍で活躍できるのが約5,000人に1人です。

全国の多くの人から注目されること

日本で、プロ野球は、サッカーと並ぶ人気スポーツです。新年早々、自主トレが始まったと話題になり、キャンプが始まればニュースになります。

ペナントレースが開幕すれば、それもマスコミで大きく取り上げられますし、シーズン中は毎日のようにテレビ中継があり、テレビや新聞でも報道されます。年末の契約更改やトレード、ドラフト会議も大きな話題になります。

プロ野球選手は、常に世間の大きな話題になり、注目を集めています。多くの国民から注目され、応援される存在であることもプロ野球選手の魅力です。

活躍すれば大金を稼ぐことができること

プロ野球選手の年俸は、活躍すれば増えて行きます。日本のプロスポーツでも収入は多い方で、活躍すれば高い収入が得られるのも大きな魅力です。

一軍に定着すると年俸は1000万円を超え、レギュラー選手となれば数千万円になります。チームの主力やスター選手には、年俸が数億円という人も珍しくありません。

日本代表メンバーとして世界の選手たちと戦えること

野球界では、4年に1度、WBCという世界大会が開催されています。日本でも、プロ野球選手を中心に日本代表チーム「侍ジャパン」が結成され、大会に参加します。

プロ野球界で活躍していれば、日本代表として試合をするチャンスもあります。

日本は、第1回(2006年)、第2回(2009年)に優勝し、第3回(2013年)は3位でした。世界の強豪国の一つに数えられており、代表選手は、世界の野球ファンから注目されます。